スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
蟹座木星の恩恵、受け取っていますか?2014年、期するものがあるなら、まずは目の前にある幸運をしっかり受け止めましょうぞ。というわけで蟹座木星についての当ブログの記事まとめ。今の時間を充実させるために。
蟹座木星については何度も書きましたが、ちょっと角度を変えて解説。

2013年11月7日から木星が逆行を開始しました。

木星はその時の天体配置における
「一年単位で動く流行」「善の意識」「これが社会的ないいことの基準」
などなどを担当します。

逆行を開始したということは
「一年単位で動く流行」「善の意識」「これが社会的ないいことの基準」「社会システム」
についての見直しがあるということ。

ここで蟹座木星について改めておさらいしておきます。

きほんがだいじ
→生活習慣とか、自分の生き方のベーシックなところとか
そーゆーところを再確認して強化。

ベタは最強
→ウケる話って結局あきれるほど「ありきたり」なのよ!
だがしかし、ベタ=ありきたりを軽く見てはいけない。
どうしてベタがうけるのか?
受けるベタと受けないベタの違いは何か?
ベタをアップデートするためにはどうしたらいいのか?
ベタを熟知したあと、次に来るものは何か?
考えておくのがイイんですよ。

他の天体との関係で読むと
蟹座木星と山羊座冥王星とのオポジションは刺激的。
そこに牡羊座天王星も加わるので
時代的な変化が現実化しやすいですね。
今までなら数十年かかっていたことが
一年くらいでガラッと変わってしまうこともあるでしょう

ここ数年、
牡羊座天王星と山羊座冥王星がスクエアを形成しており
理念的なレベルで「変革しなければ」ということがテーマでした。
2013年、活動サインである蟹座に社会的な天体木星が入ることで
一気に現実的な変化が起こります。
蟹座木星が社会の中での受け皿
仕組みづくりを担当しているということなのです。

世の中の動きについていくためには
蟹座木星のトレンドを攻略せよ!
なのです!

当ブログの過去記事から
蟹座木星の記事へリンク。
ブログ執筆時が2012年だったり2013年だったりしますから
その点をご了承ください。


もうね、蟹座木星時代になったら「大切なことは割とカーチャンが教えてくれた」でいいと思うの。。。。

めもめもですが、まだまだあるのね。。蟹座の木星と水のグランドトラインについて!!

ついったに書いたことをこちらにも移植そして補足。。蟹座木星についてまだまだネタがあるようです。。。

木星が蟹座に入ったら、水のグランドトラインができたら、家訓でも作ってみればいいと思うのよね?

蟹座木星とか、水のグランドトラインについてついったに書いたこと&補足☆

2013年、双子座木星→蟹座木星の動きについてちょっと書いてみた。

ちょ、おま。。蟹座木星についてまだ言いたいことがあるのかよ!

まだ木星蟹座について言及したい事があるらしい。。

2013年6月下旬、木星が蟹座に入ったら人柄で勝負!誰と組むかはますます大切!そして、蟹座木星の流に乗るためには、双子座木星をしっかりと身に着ける必要があります。


蟹座木星について考えることがよほど楽しかったんだね~。
このようなテンションで
2014年夏からスタートする獅子座木星時代についても書いてゆきたいと思っております。


テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

【2013/11/09 05:10】 | 天体模様
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。