スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(映画めも)パシフリック・リム 2D・字幕 
どうしても2D字幕で観ておきたくて……
すでに遅い時間帯だけのところも多いので
あちこち調べて昼間の時間にやっているところに行ってきた!
やっぱり観ておいてヨカッタ!
吹替で違和感があったセリフの元の意味が理解できた。

マコたんは
みんなと話をするときには英語だが
ペントコストと話をしていると日本語が出ることがある
ふたりのたどたどしい日本語に注目である!
ということが判明したことも収穫。

あとアレだ
3Dには3Dの良さがあるのは理解できますが、
3D鑑賞も十分楽しみましたが、
どーしても遠近感が不自然。目が疲れるなり。
パシフィック・リムは2Dでも十分に迫力があるから、こちらでも全く問題なし☆



あのう……
ネタバレいやーんな方は退避してね。
鑑賞3回目につき、細かいことを色々書いてますので。
ネタバレは避けようという思いはございますが
何となく伝わってしまうかもしれませぬ。


ちょっとスペースをあけて……





参考:以前の記事。

(映画めも)パシフィック・リム 3D・吹き替え版
http://astrologerthalia.blog34.fc2.com/blog-entry-2229.html


(映画めも)パシフィック・リムについてまだまだ語りたいのですが。上映が終わる前に3D吹き替えをもう一度観てきた!
http://astrologerthalia.blog34.fc2.com/blog-entry-2247.html



こんなに興奮した映画は久しぶりだよ。
2回くらい同じ作品を観ることはよくあるけれど
3回鑑賞というのは初めてかも!


なんでこんなにパシフィック・リムがお気に入りなのか考えてみた!

戦う相手がKAIJUなので
「やれー!いてまえー!」と感情移入できるからであろうな。
イェーガーがKAIJUにぱーんち!!
このぱーんち!が、どごーん!と重そうなところがいいんですよ!
効果音職人さん乙です。
KAIJUの外皮が堅いことと
イェーガーの性能があいまって
ぱーんち!どこーん!重そう!ヒットしとる!KAIJUにダメージ!!
という印象になるのだと思われですが。


パシフィック・リムのツボなところは
たとえば
イェーガーがハンガーから出ていく場面で
整備士たちが整備がおわると、すぐに現場を離れて
重い扉を閉めてロックするところとか

イェーガーが出撃する時に
誘導棒を持ったスタッフがいて、進行方向を案内しているところとか
イェーガーと人間が映るので
どれくらい大きいのかが分かるという。

あと
メインの登場人物にどーしようもない人がいない
キャラクターの濃い人物や
途中まで根性の悪さが目立つ人物もいますが
KAIJU退治という目的においては一致しているので
そこが好印象なのだろうな。


ドリフト時に相手の記憶の中の映像が出てくる場面がありますね
マコたんの記憶は
KAIJUが出てくる場面は恐怖だが
それ以外はいい思い出なのに

とある人物は
「ぼっち」で落ち込んでいるところがあったり……



ところで
シャッタードーム食堂グルメ(?)
パスタぽいものやポテトサラダぽいものの他に
青い蛍光色のゼリーぽいものが
マコたんやローリーのトレーに載っているのだが
おいしくなさそう…
ちゅーより、それ食べたらあかんやつや感満載……

世界が滅びに向かっている状態なので
いい食べ物が手に入りづらい状況を示しているのでしょうか。
香港にあるシャッタードームは港町ゆえ食べ物は豊富という設定ですが!

あの作品において青い蛍光色は
KAIJUのぬるぬるしたアレとか
触手っぽいものとか
ふわふわぷりぷりしているけれど
触ると大変なことになりそうなKAIJUの身体部位だったりするからさあ!!


基地閉鎖の場面で
ペントコストとテンドーがいたのは確認しておりましたが
ハーク・ハンセンもここにいたのだな。
今まで気づかなくてごめーん!
彼が経験豊富なパイロットであることは重要ポイントなのにな!


研究者コンビの噛み合わなさがいいっす。
ニュート
博士といわれると嫌がる(博士と呼んでいいのはママだけ)・シャツがノーアイロン・ざっくりしている
怪獣オタクはKAIJUグルーピーってゆーのね。

ガイズラー
名前じゃなくてきちんと呼んでくれ・ニットのチョッキ・きっちりしている


テンドーのおしゃれポイントは
蝶ネクタイとサスペンダーだけでなく
左手にブレスレットのようなものを巻いているのですな
ブレスレットではないのだが
かといって数珠でもないとゆー。
手元がアップになった時に気付いた。


香港には
KAIJUの頭を上部に配した寺院のような建物があり
KAIJU崇拝教(?)の人々が
このような事態は神の怒りだとして祈りのことば的なものを詠唱している場面あり。

徹底したリアリストの
ハンニバル・チャウとの対比のために必要な場面だったのかもしれませんな。

んでもって
ハンニバル・チャウの名前の由来は
好きな歴史上の人物と好きな四川料理の店の名前だったのね
吹替で「四川料理」の箇所は「自然料理」って聞こえてて
ちょ、おま…ナチュラルフード愛好家なのかよ!
どーゆー性格設定だよ!と吹きましたが
ワタスの聞き間違いですた。字幕で確認できたお。


マコたんたら
ワクテカでドアを開けたら
予想外の人物が立っていたので
一瞬「えっ?」みたいな表情になるところがかわいいにゃ。



そして、あのセリフは
あいしてます
だったのか……



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/09/14 05:19】 | 映画感想
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。