スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(おでかけめも)ルーヴル美術館展~地中海四千年のものがたり~行ってきた!!ギャビーのディアナの布の表現と手の動きが見事なり。
昨日は、逗子におでかけ!
めおとユニット・ほしうを工房様 ~はせがわともみ&イクざんセンセの
「ほしうをリニューアルオープンパーティー」におじゃま!
LOVEにあふれた場所で幸せ気分♪ほしうをの扉が開かれました~♪
このことについても書かなきゃね! 

そして
ノエル・ティル先生のセミナーについて書きますと言いつつ
美術館めぐりの件を先にアップ。
というのも、会期が9月23日までだからだ!!

ども
夏場は混んでいるだろうニャーと思って
美術館めぐりも様子見だったのですが……
ようやく、ルーヴル美術館展~地中海四千年のものがたり~行ってきた!!
牧ちゃん先生のネックレスを身に着けておでかけしてきたお☆
むふふー。

ルーヴル美術館展~地中海四千年のものがたり~は
東京都美術館にて7月20日~9月23日まで開催。

東京都美術館のウェブサイト
http://www.tobikan.jp/

金曜日は夜9時までやっているので
夜の時間帯を狙っていったら……結構混んでいた。はうあ
ループができるので
ざざっと観たあと、閉館までの残り時間で気になるアイテムを再度チェック!
人が少ない!見やすい!ナイトミュージアムみたい!
(ナイトミュージアム観たことないけどね?予告編の知識しかないけどね??)

今回は地中海というくくりで構成
序   地中海世界―自然と文化の枠組み―
第Ⅰ章 地中海の始まり―前2000年紀から前1000年紀までの交流―
第Ⅱ章 統合された地中海―ギリシャ、カルタゴ、ローマ―
第Ⅲ章 中世の地中海―十字軍からレコンキスタへ(1090―1492年)―
第Ⅳ章 地中海の近代―ルネサンスから啓蒙主義の時代へ(1490―1750年)―
第Ⅴ章 地中海紀行(1750―1850年)

んで……
歴史が分かっていると
もっと楽しめたんだろうな……
歴史の教科書にあったようなアレやコレがありましたよ!

そして
今回の目玉作品は
アルテミス:信奉者たちから贈られたマントを留める狩りの女神
通称「ギャビーのディアナ」
アレすよ
ポスターに使われているアレですよ。
こちらは丸い台の上にのっているので360度あらゆる角度から眺めることができます!

布の表現と
マントを留めようとしている手の動きが見事です!!
じっくりと眺めてきました。

もっと詳しくかきたいのですが、本日はこのくらいで!


帰りは上野駅エキュートにある三代目たいめいけんへ。
エビフライを食べてきたニコニコ☆
エビが大きくて満足。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/09/17 05:49】 | お勉強してきました
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。