スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(読書めも)河鍋暁斎戯画集 岩波文庫
河鍋暁斎戯画集
岩波文庫

カバーから
葛飾北斎を師と仰ぎ、幕末から明治中期にかけて活躍した反骨の絵師、河鍋暁斎(1831-89)の戯画集。頑固な旧弊と皮相な文明開化を痛烈に諷刺した暁斎の戯画には、健康な笑いと新時代の息吹があふれ、当時、東京名物の一つとして人気を博した。代表作を満載。
以上、カバーから


ファインバーグコレクション展の物販コーナーに置いてあったので
購入!買って良かった!!

河鍋暁斎戯画集
この時代だから基本的に筆だけだよね??

描写が細かい
そして表現力や
ダイナミックな躍動感スゲー!
構図も大胆
皮肉効いてますなあ
……というところに注目しましたデス。

どうやってスキルを身に着けたのか?
文庫本の解説からいくつか拾ってみると……

狩野派の画塾に所属していた
それだけでなく他流の研究も重ねていた
西洋の人体解剖図によって骨格の構造と筋肉隆起の相関を学んだ

暁斎の写生技術についての描写があるので引用すると
自分は西洋の画家のようにカラスを見ながら写生することはない。描こうとするカラスの姿勢を凝視し、それを脳裡に焼き付けて別室で写す。記憶が消えたら筆を置き、再びカラスを観察し脳裡に刻んで別室で描く。一日中これを繰り返すことにより、ついにカラスからではなく自分の記憶からカラスの姿を描き取ることができるようになった。

観察眼と記憶力、再現力はこうやって鍛えるのか……

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【2013/09/30 05:02】 | 書評・その他
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。