スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(読書めも)「高く」売れ!「長く」売れ!「共感」で売れ! 藤村正宏 実業之日本社
安売りしなくても売れる「顧客化」4つのシナリオ
「高く」売れ!「長く」売れ!「共感」で売れ!
藤村正宏
実業之日本社

帯から
2時間でわかる!
あなたの商売を救う“一生のお客さま”のつくり方 

1個1050円の高級石鹸が密かに毎月120個以上も売れ続けています
(北海道旭川市・アスクドラッグ)

本気で売上を上げたいなら、この一冊。
ドラッカーもコトラーも知らなくていいんです。
以上、帯から

カバーから
売り込んでも売れない、
露骨な売り込みが嫌われる時代になりました。
いきなり買ってもらうというのは
難易度が高いですし、
セールスコストもかかります。
今こそ、顧客化シナリオを描いて行動してみましょう。
お客さまを“一生のお客さま”にしていくこと、
それが、あなたの目的なのですから。
以上、カバーより


どうも
売り込みとかあまり考えてなくて
どーすんだよ状態のたりたんです。

本書は
「売り込んでも売れない」という点にポイントを置いているので
入りやすいです!


おおう。
ここがポイントなり!と思ったところをいくつか。


P36
マーケティングは、ある種のいかがわしさをもって生まれた科学でした。
大衆の行動や心理を操作して、モノを買ってもらう。
こういうキャッチコピーを使えば目を惹くとか、こういうイベントをしたらお客さまが集まるとか、大衆操作的な部分があることは事実です。
もちろん、これからもそういうコトは機能するだろうし、必要であるというのは否定しません。
でも、これだけソーシャルメディアが浸透した時代、新たなマーケティングの考え方をしていかなければならないことも事実なのです。
生活者が自らマーケットをつくり出すようなマーケティング。
人々が自ら共感して、そこにコミュニティが発生して、新しいマーケットができていく。
そういったマーケティングが、大きな存在になっていく時代なのです。


P49
この鶴雅リゾートには一貫したコンセプトがあります。
それは、戦わないこと。
「戦略というのは、戦いを略すこと。最大の戦略は戦わないこと」
 
戦わない、競合しない、そういう個性を出すことで、お客さまから選んでもらう。
観光業は戦ってはいけないってことを、ずっと経営方針にしている。
たとえば、同じ観光地にあるホテル同士が競い合ってお客さまを取り合うなんてことをしていたら、いずれその観光地は衰退する。
それぞれの個性を発揮し、協力したり、補い合って、自分のところの観光地を盛り上げていこう。そういう考え方です。


P58
ブランドはモノではありません。
継続的に共感される、思想のようなものです。
モノを売っているという考え方の企業には、決してつくれないのです。

だから、モノではなく、体験を提供するという視点が大事だということです。
「個」を出して発信していく際にも、これは大切な観点となってきます。


P102
これが、スマホが普及したことで、アメリカではさらにすごいこととなっているのです。
たとえば、掃除機を買いに家電専門店に行きます。
いろいろと掃除機を見て、サンプルを使ってみて、ある商品を買おうと決めました。
次にスマホのアプリを立ち上げ、その掃除機のバーコードを読みます。
すると、その掃除機がアマゾンで売られている価格が出てきます、
価格が安かったら、その場ですぐにアマゾンで購入できるわけです。
おまけにアマゾンのプライム会員だと、送料は無料で2日以内で届けてくれる。
このアプリはどこが配布しているかというと、もちろんアマゾンです。


P121
その商品、あることをして、2年間で売る数が半年でうれるようになりました。
そのあることとは「ブログ」です。
ボクは以前からブログは1000記事を超えたあたりから効果があらわれてくるといってきました。


P178
儲けるためには「お客さまを囲い込め」といわれていた時代がありました。
でも、いくら会社や店側で囲い込もうと思ったところで、お客さまが素直に囲い込まれてくれるなんてことはありませんよね。
(中略)
なかでも、お客様と双方向でつながりを持ち、より関係性を深めている事例が「試食会」です。



本書には
むむむむ!これは応用できそう!というアイディアがいっぱいであったので
藤村正宏氏の他の著書もチェックしてみますなり☆

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【2013/09/22 05:01】 | 書評・その他
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。