スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
困った時のついったー再録ネタ。ファイナルディスポジターについて。とりわけ、ループになってしまう場合についての仮説。
ツイッターのメモをこちらにも掲載。ファイナルディスポジターについて思いついたことがあるので。こういうメモが後で役に立つこともあるのだ。

ファイナルディスポジターについての思いつき。
ファイナルディスポジターって何?という方→検索してください。
自分はどういうパターンなのか気になる方→ご自身でお調べください。

ループになってしまう人に積極的な意義を与えられないか?という視点から
思いつきを述べるツィート、個人的メモですので、
その点よろしくお願いいたします。ひとつの仮説ですね。

ファイナルディスポジターがある人→意思決定ルートが明確なので、考えがスパッと決まりやすい。そこにシビレる憧れるウ!(そして、複雑な現代社会では「決断が早いこと」の重要性はますます高まっています。すばらしいですね)。

ミューチュアルリセプション→双方の顔を立てながらなのでどっちつかずになりがち(ですが、複雑な現代社会において双方の顔を立てなければならない場面は多いので、自然と顔を立てる配慮ができる人ともいえる)。

ループ→当事者全員に意見を聞いてみましたパターンになりがち。回覧板か!唐傘連判状か!稟議書か!誰が決めるのかハッキリせず、むにゃむにゃになる傾向も。

ループの人はどーすりゃいいんだ(ワタシもループです)。
古典7天体で再考してみる。ファイナルディスポジターがあるかも。
あるいはミューチュアルリセプションが見つかって、ループよりも対応しやすくなるかも。

また、複雑な現代社会ではひとつのアクションが思わぬリアクションを引き出すことがあります。ループの人はそういった事態を想定できるのではあるまいかと。色々な人の意見を聞ける人なのかもしれません。そこに強みを見出そう。ぐるぐるしているうちに高度に洗練化されるはず!

また、(比喩表現として)みんなに意見を聞いているうちに、一定の方向性が見えてくるかもしれません。あるいは、自分の意志決定ルートがはっきりしないことは今の時代の流れを取り入れやすい側面もありそうです。

以上、最大限イイ感じに考えてみました。楽天的すぎる発想かもしれませんが「ループだから決められない」と100回いってもどーもならんと自分自身で思うことがあったので。

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

【2013/07/14 05:31】 | 占星術ロジック
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。