スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(読書めも)ブレイク詩集 無心の歌、経験の歌、天国と地獄の結婚
ウィリアム・ブレイク 土居光知訳 平凡社ライブラリー

カバーから
「日は のぼり/空は うららか/こころ うきたつ 鐘は鳴り……」
「母さんはうめき 父さんは泣いた/私はあぶない世界へとびだした……」
歓喜と絶望を、そして呪縛からの解放を歌う――ブレイク初期の傑作三詩集を収録

以上カバーから

詩の鑑賞ってどうやったらいいのかよくわからず
感想も書きづらいのですが
詩は読んどけという気がするので
読んでいるわけです。

ウィリアム・ブレイクは幻視者だと言われています
で!
忘れがたい幻想(二)という作品がとても引っかかるのね!!

予言者イザヤ及びエゼキエルと食事を共にしたとき、彼らはどうしてそうあからさまに、紙が彼等に話しかけたと主張するのか、そう主張した時誤解されて、欺瞞のもととなることを心配しなかったのかと私は尋ねた。
 イザヤは答えた。「私は有限なる五官を以て紙を見たことも聞いたこともない。然し私の感覚は至る所に無限を見出した。そしてその頃、正直な憤激の言葉は神の言葉だと思い、確信していた故に、結果に頓着せず、書き誌したのである」と。
(以下略)


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【2013/06/21 05:37】 | 書評・詩
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。