スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(読書めも)対訳 イェイツ詩集
対訳 イェイツ詩集 高松雄一編 岩波文庫

カバーから
イェイツ(1865―1939)は
アングロ・アイリッシュのプロテスタントとしてアイルランド文芸復興に携わった特異な詩人であり劇作家であった。変貌し続けたその詩は、芸術至上主義、象徴主義、神秘主義、オカルティズム、アイルランドの民族意識と神話伝説の複合体とでも言うほかはない。
その全体像を伝えるべく54編を収録。
以上、カバーから


以前、ブログに
詩人のイエイツの太陽は双子座の23度「木の高いところにある巣の中の三羽の雛」
物事の本質を見抜き、大切なものを育てていく資質を持っている。
詩作はエッセンスを蒸留していく作業。
本質を見抜く目を詩作に活かしていたことは想像に難くない。

ということを書きました。

イェイツは読まねばならぬと思いつつ
岩波の文庫本がなかなか読み終わらない。。。
そしてようやく読み終わりましたああ!

対訳とありますから
左側のページに原文
右側のページに訳文
という形式になっています。

そもそも、わたくし
詩の鑑賞の仕方というものがよくわかりませぬ!!

イェイツはオカルト趣味を持っていた人ですから
作品から何かヒントを得ることはできないかと思ったのですが
神話的モチーフを作品に活かしておられますなあ
という程度のことしかわかりませんでした!
わたしの感受性に問題があるのだと思われます。。。

そして
イェイツの詩は
タイトルに年号が入っている物もあり
そういうものは時代背景を理解していないと
真意を理解しづらいのではあるまいかと思われまふまふ。

だがしかし
郷土愛は伝わったお。。。。

あと
イェイツは日本刀を持っていたらしい
「内戦時代の省察」という詩に
サトウから贈られた不滅の刀剣
「自我と魂の対話」という詩に
サトウの古い刀
というフレーズがあり
これは
イエイツの講演に感動した
農商務省の役人佐藤淳造から寄贈された刀だそうです。

P280
イェイツは、時折混み合うレストランなどで詩集を開いて読んでいると
強い浄福感に襲われて見知らぬ人々を祝福したくなることがある、
と述べている(『月の優しい静寂のなかで』)。

という解説が「動揺」という詩に付け加えられているのですが
詩に深く感動すると
ここまで広い心を持つことができるのねと驚いたなり。。。
そこまで深く詩に入り込むことができるということは
どーゆーことなのかしら??

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

【2013/05/05 05:03】 | 書評・詩
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。