スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(展覧会めも)ラファエロ展 国立西洋美術館
大公の聖母、日本初公開
という触れ込みにびりびり来て
観に行ってきたお!ラファエロ展。

ラファエロの作品約20点
ラファエロの同世代のもの、ラファエロに影響を受けた作家の作品など
とりまぜて会場全体で約60点の展示でした。

国立西洋美術館のウェブサイト
http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html

ラファエロ展は3月2日~6月2日まで

今、ラファエロが国立西洋美術館にあって
東京都美術館でダヴィンチ展(4月23日~6月30日)があって
さらに秋に国立西洋美術館にミケランジェロが来るです!
おおお。。上野で
次々にルネサンスの巨匠たちの作品が見られるのですな。すげーわ。

んで!
ラファエロの肖像の特徴的なところをざっくり。
眉が細い(太い人もいるけど。。)
肉が薄い鼻
首が太い(主に男性、首から肩の描き方に特徴があるよね。。。)
薄い唇
指の節が目立たない(形すんなり、肉付きがよい指)



ワタシ美術の素人ですから宗教画見ると
いらんことを色々思いつくんですよね。。

キリスト・聖母マリア&洗礼者ヨハネという
よく描かれる題材があるのですが。。
なんで洗礼者ヨハネまで幼児として描かれるのよ???

確か
キリストと同世代の人だから
キリストが幼児なら、ヨハネも幼児だろうという理屈は通るのですが。。

あとね。。
はるか昔に生まれたキリストさんの服装が
なぜ16世紀の君たちと同世代ファッションなのか。。
(キリストのファッションをイマドキにアレンジするのは昔からの風習なのかっ!つまり現代ならキリストがTシャツを着て中央線沿線に住んでいてもいいのかっ!)

キリスト教の価値観謎だわあ。。
と、思うのは
殉教した聖人が石打ちにされている場面が
織物になっているんだけど(下絵担当ラファエロ)
よりにもよって今まさに迫害されている場面を飾るですか!ひええええ!

命を狙われたとしても無事なパターンもあるのよね。
神のご加護により
矢に当たらなかった聖人が
涼しい顔をして
当たらなかった矢を自分を示すアイコン的に使うのはまあいい。。
それは理解できる。
(食べ物屋さんの守護聖人になるかな。。当たらない→食中毒にならない。。すんません、こんなアホなことを考えるのはワタシくらいです。。)

でもでも
今まさに迫害中の状態を
ずーっと眺めることになるんですが
それでいーんですか???

印象的な作品いくつか。。
聖ゲテルギウスと竜(ラファエロ作品)
竜がしょぼくれていてカワイソス。
小さいし!よわっちそうだし!ぽわぽわの毛が生えているのだが
そのぽわぽわぶりがよわっちそう感を増殖。
一応、折れた槍が描かれているあたりに
手こずった感が出ているちゃー出ているのですが!

父なる神、聖母マリア(ラファエロ作品)
この絵がどどーんと飾ってあったら
思わずときめいたよ!
迫力があって、精緻なつくりなので
もー興奮するわっ!
画面の隅に子ども天使の首から上だけ(しかも顔色が悪い)が描かれているんだけど。
この天使の首から上だけ描くのには
どーゆー意図があるのでしょうか。

エリザベッタ・コンザーガの肖像(ラファエロ作品)
絵のモデルになった人物は教養ある人物。
占星術にも造詣が深いという説明があって。。。
なんと額の部分に蠍のチャームをつけているのですよ。
つまりそれは黄道12宮の蠍ですよね(違っていたらごめん)。。
ワタスがひとりにやにやしていたことは内緒である。。

ベルナルド・ドヴィーツイ(ビッビエーナ)枢機卿の肖像
帽子の形がかわいい!
そしてこの赤いお召しのデザインと色合いがいいの!
(退色していないのかな??)
お召しの細工に見入ってしまいました。

牢獄から解放される聖ペテロ(フェデリコ・ズッカリ ラファエロ作品に基づく)
この構図カコイイ。そして斬新ではにゃーですか!
しばし言葉を失いました。
牢獄の格子の向こうに
まばゆく天使降臨、そのまばゆさに見張りの人たちの目がくらんでいるという図式です。
黒い格子と輝く天使のコントラストがカコイイんだわあ。

大公の聖母(ラファエロ作品)
今回の目玉展示で人だかりができておりました。
聖母の表情と幼児の福々しい様子が
いとめでたい作品でございますです
まさに眼福なりよ。惹きつける力強いわあ!
背景が黒いのは
後で塗りつぶしたものらしいです。
作品成立当時は背景が描かれていた様子
その後、背景の部分が劣化したので絵画的価値を高めるために
塗りつぶしたということが後年に研究で判明したそうな。

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

【2013/04/24 05:00】 | お勉強してきました
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。