スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(映画めも)フラッシュバックメモリーズ3D
フラッシュバックメモリーズ3D
監督 松江哲明

国内外で活躍する
ディジュリドゥ奏者GOMA氏
2009年交通事故が原因で高次脳機能障害が起こり
記憶の保持に課題が残った。
演奏はおろか日常生活を送ることも困難になったGOMA氏の
復活への過程おったドキュメンタリー。
ただし、記憶の保持に関する課題については
現在進行形の課題だそうです。。

予告編を観て
こ、これは観なければっ!音楽最高じゃまいか!とトキメキを感じたので。
観て良かったです!
わたし、ディジュリドゥについてもGOMA氏についても
知らない状態で観に行ったのですが
それでも大丈夫ついていけますなり。

これから北海道・東北・静岡・埼玉での上映が予定されているそうなので
気になる方は調べてみてね!

基本的に
3Dはあまり好まないのですが。。
ライフオブパイを観て、3Dは使いようだという認識に変わり
フラッシュバックメモリーズ3Dを観て
おおっ!3Dにこんな可能性が!!
と、感銘を受けてかえってきたお。
経験や体感、脳の記憶を共有するための3D体験ね。

ちなみに
本作フラッシュバックメモリーズは
予算の制約が厳しかったので
工夫をこらして安価で仕上げたそうです。

サウンドも3Dで音が立体的なところが良かったニャー
ライブシーン多数。
んで。。
ディジュリドゥという楽器、名前だけ聞いたことがあったのだけど
これはすばらしい倍音が出る楽器ですね!
瞑想用によさそう。

GOMA氏の演奏にはドラムとパーカッションがついているので
じっとしている瞑想ではなく
躍る瞑想という方向性になりそうですが!

そして
本作では絵が効果的に使われていました。ここが重要!!
この絵はGOMA氏の手によるもの
事故後いきなり絵を描くようになったそうです。
プリミティブなエネルギーにあふれた絵
そして絵が音楽やドキュメンタリーの内容を拡張する効果を果たしていますから
ぜひこちらもじっくりとご覧ください。

GOMA氏は
「生まれ変わった」と表現していますが。。
事故後の記憶をたどっていくと
雲に乗って上昇した
人がいる方向に移動しようとしてもなかなか行けない
そうこうしていると明るい光が見えてきたので
そちらに入っていったら奥に吸い込まれた
という表現が出てきて
それは臨死体験では?ですよね。。。

そして
ドキュメンタリーにおいては
GOMA氏の家族が大きな役割を果たしています。
お嬢さんが自転車に乗る場面はきゅーんとするよ。。
(この場面は予告編でもあったから書いちゃってもネタバレじゃないよね)




ここでイキナリ話がしあさっての方向に行きますが
ワタスの親戚も臨死体験したらしい。。
伝聞で聞いたことがある。
川の向こう側に過去に亡くなった親戚がいる
「おーい!○○じゃないか~!」とそちらに行こうとすると
「まだこっちに来ちゃダメだ」と言われて
まごまごしているうちに目が覚めたとのこと
ある意味典型的な臨死体験ですね。
(過去の伝聞なので大ざっぱな内容にて失礼)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/04/22 05:02】 | 映画感想
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。