スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(読書めも)不連続の日本経済
不連続の日本経済 若林栄四 日本実業出版社

帯から
渾身の書き下ろし

大転換の先にある
2013年からの黄金の投資戦略

過去の延長線上にある予測では対応できない
円安、株高、リフレの到来

2007年にまだ1ドル124年台だった頃から「2011年に75円になる」と公言、
2010年に上梓した『デフレの終わり』では「2012年初頭に最後の円高局面がきて、大転換する」と著すなど、相場の“時期と水準”をピンポイントで的中させ続けてきた
ゴッドハンド・若林栄四が、独自の黄金分割理論と、歴史観に裏付けられた相場大局観に
基づき、低迷を続けてきた日本経済の大転換を予測!

本書の主な内容
第1章 「時間の経過」の持つ意味
第2章 日本経済デフレ脱却への経路
第3章 復活する米国経済と米国の底力
第4章 ユーロ問題は大過なく終了する
第5章 2013年の相場予測と黄金の投資戦略
第6章 相場は「黄金分割」で定められている
第7章 為替ディーラーが心得ておくべきこと

以上帯から

以前
経済関係に明るい方とお話ししていて
「若林栄四」という名前を聞き
以来、頭の隅に残っていたのです。

本屋さんで著書をみつけ
読んでみたら面白かったああ!
「そーなんですかあ!はじめて知りました!!びっくりです」的な世界観が展開されていて
非常に参考になったわあ!

あとでもう一度読み込もう。。
本書は物事に法則性を見つけることが好きな人にはたまらんものがあるのでは??


本書を読んで気になったことをつらつらと書いていく。

生物学者福岡伸一 動的均衡 木楽舎刊 を読んでみようと思ったです。
というのも、本書において
動的均衡2 から引用された文章があって、そこがとても興味深いのね。

日本経済デフレ脱却への経路
デフレが内包するさまざまな弊害
→なるほどそういう視点から考えると様々な害悪があるわけですね。

P85ページのこの一言に衝撃を受けた。
したがって、2015年から日本株のブルマーケット(上昇相場)が開始すると考える背景は、とくに誰が買うのでもなく相場が上がり始める日柄にあるということである。

エッ!上がるタイミングだから上がるって?
お日柄がいいから上がるって???それどーゆー理屈なんですか?
オカルトっていわれませんか?って思ったお。

その後に
著者が発見した黄金分割のルールを使って
2015年から相場が上昇に転じることを説明するんだけどね。
理由を説明されると、一応納得できるんだけどね。


P95
プロの投資家の行動原理を極端にいえば、株式投資で儲からなくてもよいのである。
 彼らのなかでは「ライバルに負けないこと」が最重要である。ライバルに負けると、仕事を失ってしまう。では負けないためには何をすればよいか。ライバルと同じことをすればよいのである。もちろん競合相手の運用担当者もライバルだが、究極のライバルは市場そのものである。

ほうほう。。。そういう行動原理なのですね。。
どうりで理解できないと思ったんだよ!!


第3章 復活する米国経済と米国の底力
P122 
それでも米国景気が本格的に立ち直らない印象は強い。なぜかというとそれは日柄が来ていないからである。
 景気というものは「気」という言葉が入っているように気分の問題である。つまりコレクティブ・サイク(国民の集団的精神状態)が上向けば経済は良くなるのである。
ではいつになればコレクティブ・サイクが上向くのだろううか。

このフレーズにもエエエッ?と思ったお。
その後に潮流が変わるタイミングの話が出るんだけどね。
国民の集団的精神状態だとおおお??

んで!各種経済予想も面白いのですが
個人的には「マッド・ドッグ・ワカ」と評されたという
著者の人柄と経歴に関するあたりが最も興味深かったりして
つまり
第7章 為替ディーラーが心得ておくべきこと
の章ですね。。。これだけで一冊ほしいところです。


何度も書いていますが
わたしや投資はやらん人間です。
古い考えの人間なので
教会法では利息は制限されていたよなあ。。
とか、そーゆーことを考えてしまうのですよ。

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

【2013/04/20 05:12】 | 書評・その他
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。