スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(映画めも)ザ・マスター
何となく気になる作品だったので
きちんと観るべき!と感じて鑑賞。。
2~3日かけて反芻する映画なのかニャーと思いました。
てなわけで現在反芻しつつ
記憶が薄れないうちにメモをしておくしだい。

ポール・トーマス・アンダーソン監督作品
フレディ・クエル役(ホアキン・フェニックス)
ランカスター・トッド役(フィリップ・シーモア・ホフマン)


あのう。。。
ネタバレが香ったらいやん!な方は退避してくださいませ。。


主人公フレディがいかにも危険人物で。。
何かやらかすんじゃあるまいか。。。。と
映画を鑑賞している間中緊張しっぱなしよ!ぜーはー!

一応青年役という設定なのに
若く見えないお!

額の皺→苦悩の証か?
目と眉の間が狭い→ライティングと角度によって表情がわかりづらく
眼だけがギラギラして見えるので
複雑なキャラクターであることを演出

フレディがいかにもデンジャラスで緊張感を漂わせる人物だからでしょうか?
トッド役のフィリップ・シーモア・ホフマンがウッカリかわいく見えます。。
肉付き豊かな頬、上品な白髪、恰幅の良い体型
いい人そうに見えるよねー。
そしてこの「いい人そうなルックス」が教祖様としての説得力になっている訳ですが。

そして
占星術を学んでいると
映画を様々な角度から楽しめますのう!
映画の予告編がとても印象的だったので
監督の星回りを調べてみたのね。
太陽蟹座/月牡羊座の方でした。。
ここにきゅぴーん!ですよ!

主人公のフレディの飼いならすことのできない野生児のようなフリーダムさ
教団の教祖トッドの温かみのある父親イメージ
ここらへんに
牡羊座月と蟹座太陽の対比と葛藤が現れているように感じました。

でもって
主人公フレディが海軍出身なので
海や船、砂浜がよく出てくるのね。
フレディが彼を保護する(?)教団と最初に接触するのも船だし
教団が船での移動を好む点にも大きな意味がありそう。
陸に上がると様々な雑音が入ってくるので
それを避けるためにも海の上は好都合だそう。。

そして
それと対比をなすように荒野をオートバイで疾走する場面が印象的

海や船は蟹座の象徴
荒野やオートバイは牡羊座の象徴
とも言えるわけで。。

そして
所属・ファミリーは蟹座
自由・個人は牡羊座
この点の対比にも注目です。


以下
ネタ小姑がつれづれとつづります。

本作はR15指定映画なのですが
泥酔場面とおちちびろーん場面が問題なのでしょうなあ。

おちちがびろーんと見えている場面が何度かあるのですが。。
これが本当に色気なくてね。。
ロマンチックさもサービス精神もなく
おちちびろーん。。
わざとだと思うのですが。。。

おちちびろーんだけでなく交尾をしている場面もあるのですが
これがまたあまり面白くなくて
もちろん、わざとだと思うのですが。。。

フレディはいかにも危険人物なのに
なぜか女性に不自由しないというのは
ワルい男ほど魅力的に見えるという皮肉な現象でしょうか。

そして
トッドたんも
女性に不自由していないらしいけれどね!

最近、映画で喫煙シーンを見ることが減ったように感じますが
本作では1950年代という時代背景もあってか
みんなタバコをたしなむのね。。
うわうわこんなに喫煙シーンが多いのは久しぶりだよお!

フレディの逃げ足の早さは異常。。
ちょ、おめえはアルコール依存でないの?
腎臓わずらっているハズでは?と思うのですが。。
そーゆー身体的な条件を凌駕するほど「自由への渇望」が強いのでありましょう。。

フレディはあやしい液体を数種類混ぜて
オリジナルカクテルを作っているのですが
ぜってーそれ体に悪いだろうよ????

日本でも戦後に密造酒作りが問題となりましたが
材料不足の日本とは事情が違うはず??

フレディが海軍から社会復帰する過程で
ロールシャッハテストを受けるのね
みんなアレかアレかアレがアレしているように見えると答えるので
医者様がさじをなげているあたりが。。
(この時、医者様がタバコ吸っているのにちょっとびっくりしたあ!)

そして
世界大会の会場に貼られていたポスターに
ロールシャッハ的な解釈ができそーな形のものがあったり
トッドの机の上に剣のオブジェらしいものがあったり
そーゆー「いかにもアレげなアイテム」を目を皿のようにして探すのも一興かと。

音楽超重要です!
心温まる場面を演じているはずなのに
なぜにこのように不穏な音楽なの???
などなど、キーとなる場面での音楽の使い方が特徴的。
ザ・マスターにおいては音楽の存在が非常に重要です!
映画と音楽は密接な関係がありますが
特に!特に!重要です。

お楽しみファッションチェック
50年代のファッションがクラシカルでいい☆うはうは大収穫!
膝の下が長くないと着こなしが難しいアイテムばかりですが。。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/04/03 05:35】 | 映画感想
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。