スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
日本橋を渡ると、そこは江戸の町だった。。。どうも、江戸東京博物館の件、まだひっぱっています。。。
特別展→特別企画・企画展→ようやく常設展示の話に入ることができます。
個人的なテンション上がり度合いという意味では
この常設展示が最強かもしれぬ。

江戸東京博物館ウェブサイト
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/


6Fが常設展への入口になっていてですね。。
入ると
どどんと日本橋。
そして日本橋を渡ると、そこは江戸だった。。。
寛永の大名屋敷と寛永の町人街の模型がどどーん
という設定に興奮するワタシ。

5F(東京ゾーンと江戸ゾーン)・6F(江戸ゾーン)
という立体構造になっているところに
激しく萌えっ。
この常設展示の設計をした方はどなたなのだろう。。

寛永の町並み模型の中には
人形がいっぱいで
服装や所作から当時の文化をしのぶことができます。。
こーゆー模型をじーっと見ていると
変性意識に入っちゃうよね。。
この模型、いつまでも眺めていたいわあ!

常設展は写真撮影OKの場所も多いところがポイント!
模型の写真も取ることができまふー☆

また
江戸・東京を体験できるポイントも色々。

ですから。。
人力車に乗っているところ
纏を手にしているところ
天保小判の千両箱を持ち上げているところなど
オモシロ写真・ネタ写真が撮れますぞ!

うわあここは
好奇心旺盛な小学生さんを連れてきてもいいし
日本文化を学びたい方を連れてきてもいいな!
そして両国駅近くでちゃんこを食べる!ぐしし!!

かように
むほむほエキサイトしたわたくしですが。。
適度なところで切り上げないといけない事情があり
アレもコレも見ていない状態にて
後ろ髪引かれつつ帰路につく。。

というわけで
また江戸東京博物館にはおうかがいしてみたいと思っておりますですニャー。。

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

【2013/02/19 05:44】 | お勉強してきました
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。