スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(読書めも)カルダーノのコスモス ルネサンスの占星術師
カルダーノのコスモス ルネサンスの占星術師
アンソニー・グラフトン 榎本恵美子/山本啓二訳 勁草出版


帯から
ルネサンス期の科学と文化を映す鏡ともいえる
博学の天才カルダーノ。
その占星術師としての活躍に焦点を当て、
彼の生きた時代に占星術が持っていた意味を探る!

近年の研究者たちは、先人たちの多くが世界観を形成するに際して、いわゆるオカルト学が単なる傍流の営みなどではなく、むしろ不可欠な要因であったということを認識し始めている。したがって、占星術は数ある知的手段のひとつであり、それが科学的・政治的な分析をするのと同じくらい高度な手段だと考えることができるのである。著者のグラフトンは、まさにそのような考えを持って本書を書き上げたと思われる。「カルダーノは、自分の人生と自分が生きていた世界の混沌としたもののなかに秩序を見出すために、星を用いた」という本書の言葉は象徴的である。―解説より。
以上、帯から

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

【2012/12/15 05:40】 | 書評・占星術
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。