スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
(映画めも)平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊
どうも
テレビシリーズは観ないのに
仮面ライダーと戦隊の映画は観に行く人です。おはようございます。

でっ。3月29日からスタートしたこちらの映画、昨日観てきたよ。
3月30日は月が牡羊座にあったからね
バトルものを見るのにいいタイミングなりよ。

でね……
今回は、平成ライダー対昭和ライダーですよ……
ライダーさんたちが30人いる計算ですよ。
画面いっぱいにライダーさんですよ!!!
個人的に
アマゾンが出てくると高まりますなあ☆

そーいえば
冬に「鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大戦」観たのよね。
感想書いてないけれど……
そこで
フルーツモチーフのライダーさんを見てショックを受けた!
でっかいフルーツが頭上に現れて
頭部を包む→変形→鎧。うわあ!なんちゅーインパクトですか。
鎧になってしまうと結構カッコイイ造形なんだけど
一瞬、頭がオレンジとかイチゴになるんだよ。
これ考えた人すごすぎる。

そして
今回はトッキュウジャーに心を奪われてきたわ。
こ、これが噂の「白線の内側までお下がりくださーい!」ですか……


最近観たけれど、感想を書いていない映画……
ホビット 竜に奪われた王国
LIFE!
それでも夜は明ける 
スポンサーサイト

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

【2014/03/31 05:55】 | 映画感想
映画観ました記録も書いておかねば。というわけで、アメリカン・ハッスルについて。
締切と講座の準備で、ブログも短文で申し訳にゃあす。
しかも、ちょっと前に観た映画の記録で申し訳にゃあす。

アメリカン・ハッスル
監督がデヴィッド・O・ラッセル
クリスチャン・ベールとジェニファー・ローレンスが出演
それは観るよ!

関連記事

(映画めも)世界にひとつのプレイブック
http://astrologerthalia.blog34.fc2.com/blog-entry-2143.html

ついったの記事再録。映画監督の太陽と月。パシリムのサントラ入手うう!ぐはあ!高まる!!
http://astrologerthalia.blog34.fc2.com/blog-entry-2276.html


でっ。アメリカン・ハッスル
ゴージャスな70年代ファッションといい
緻密な脚本といい
ぽってり体型のクリスチャン・ベールといい
見どころいっぱいだったわ。
二回くらい観たいものだわと思いつつ
もう一度見るのは難しそうだにゃー。

ところでアカデミー賞は受賞なし?アレ?

主な登場人物全員うさんくさい!
みんな自分を偽ってる!
みんな髪形に凝っている!(意外と重要ポイント)
だからこそ「リアル」「生きたい」という単語が印象に残ります。

でっ……
デヴィッド・O・ラッセルの恐ろしいところは
どうやってまとめんのよ!的展開を
見事にまとめあげていくところですね。
細部にいたる整合性まできっちりととれているところですね。

音楽も良かった!
……音楽の知識があればもっと楽しめたであろうよ。



直前ですが再度告知☆旅人塾の場所をご存知の方は、当日いきなりでも大丈夫よ、たぶん。

(講師やります!)3月12日(水)旅人塾にたりたん再登板。2014年3月~5月の星の動きについて解説☆最重要ポイントである4月には特に熱を入れて語る予定です。
http://astrologerthalia.blog34.fc2.com/blog-entry-2429.html

1月25日の旅人塾にて
2014年は7月までの過ごし方が大切です。
特に4月が重要ですと申し上げました。
その4月についてみっちりとご説明いたします。

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

【2014/03/11 05:40】 | 映画感想
(映画めも)パシフィック・リム鑑賞四回目。今回はIMAX 3Dリバイバル上映。観ておいてヨカッタ!!
パシフィック・リムを観てから
どんな映画を観ても
あー、いい映画だったな
ところでパシフィック・リムもう一度みたいな(脈絡なし)
というアレな人がいますよ!ワタシですよ!!

通常版3Dを二回
2Dを一回
今回のIMAXで通算四回目の鑑賞。
で、もう一度観てもイイなと思ってるワタシがいますよ。
109シネマズでは10月12日からリバイバル
ユナイテッド・シネマでもIMAX上映企画があるはず(だからもう一度間に合うかなー??)
サントラは毎日聞いてるよ
ブルーレイも手に入れるらしいよ!

過去の鑑賞記録

(映画めも)パシフィック・リム 3D・吹き替え版

(映画めも)パシフィック・リムについてまだまだ語りたいのですが。上映が終わる前に3D吹き替えをもう一度観てきた!

(映画めも)パシフリック・リム 2D・字幕 

で!
IMAX 3Dでのリバイバル上映があると聞き
川崎までいってきたー!!
結構いっぱい入ってたー!!
パシリム愛好者のみなさまがいっぱいー!!嬉しいにゃー。

はうあ……
IMAXで観ておいてヨカッター
通常版3Dだと、遠近感の不自然さが気になるところですが
IMAXは不自然さを感じることが少なく、ストーリーに没頭できるぞなもし。
音響も素晴らしい……

画面のディテールや質感の表現力が増すので
イェーガーのメカメカしいところや細かい仕様
イェーガー本当に大きいです……
そしてKAIJUの表情などもクッキリよ!

シャッタードームの食堂の場面
メニューはいくつか選べるらしい。お箸を使っている人や、汁椀を使っている人も。

ロシア人夫婦パイロットのアレクシスとサーシャ
セリフも登場時間も少ないのに印象に残る。ドリフトテストの時に、柵に足かけてその模様を眺めている様子とか、何気ないしぐさや言い回しでキャラが立ってしまうあたり……

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/10/17 05:08】 | 映画感想
(映画めも)ウルヴァリン SAMURAI 3D・吹替
ども
ヒュー・ジャックマンと
エンディングクレジットのTSUNKUを目当てに
ウルヴァリン SAMURAIを観てきたよ!

「オンナ、哀しい、オトナ」が
あーゆー場面で使われているとはね!!
どーゆー経緯でスタッフの目に止まったのでありましょうか?
気になるところです。

ウルヴァリン SAMURAI
ちなみに英語タイトルだと The Wolverine
これ以上なくシンプルです。
SAMURAIは日本版向けタイトルなのね。



基本情報
ウルヴァリン SAMURAI
監督 ジェームズ・マンゴールド

出演 ヒュー・ジャックマン(ウルヴァリン役)
   真田 広之(シンゲン役)
   TAO(マリコ役)
   福島リラ(ユキオ役)

ちょ……
それどこの日本や!
とツッコミたくなるような点もちらほら……

晴れているのに雨傘ぽいものをさしている?
ガードマンらしい人が露骨に銃を持っている?
剣道でトンボ返りしないよお?
パーラーになぜメイド服の店員さんが?
そういった無茶も含めて楽しむべきなのでしょうか。

ですがっ。
アクションシーンは工夫いっぱいで楽しめました。
時速500キロ(?)新幹線の上での攻防にハラハラ
ユキオ(福島リラ)が赤髪なびかせ棒術を使うところ
忍者いっぱいだよ!忍者!!

ところで
葬儀に使われたロケ地は増上寺(徳川家ゆかりのお寺ですね)
ここは東京タワーのすぐそばなので
ところどころに東京タワーが映り込みます。


ところで
ファンシーな連れ込み宿も日本独自文化なのかあっ!


んで。
矢志田グループの強大さを示すため
神社の鳥居のような矢志田マークがあちこちに見てとれるのですが
ユキオのジャケットにまで矢志田マークがついていた時には吹いた。
アパレルも手掛けてたのか!!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/09/23 05:23】 | 映画感想
(映画めも)サイド・エフェクト スティーヴン・ソダーバーグ監督、最後の劇場用作品ちゅーことで観てきました。
スティーヴン・ソダーバーグ監督、最後の劇場用作品
ちゅーことで観てきました。
最後の劇場用作品ということは
これからはテレビ映画中心にやるという意味らしいので
引退ではないようですが。


スティーヴン・ソダーバーグ監督は

オーシャンズ13(映画感想)
http://astrologerthalia.blog34.fc2.com/blog-entry-18.html

観たことがあるだけ……
オーシャンズ13が
エンターテインメント性が高く、キャラ立ち鮮やかな作品であったため
気になる監督さんでした。

本作、サイド・エフェクトに話を戻すと
サイド・エフェクトとは副作用という意味です。
で、
これは2回くらい観た方がいい映画!
展開を頭に入れておいて、あの場面にはこんな意味が!!
なるなる!と伏線を確認していく作業が興味深いであろうなあ…

あのう……
この映画、うっかり何かを書くとネタバレになるので
香ったらいやーんな方は退避なさってね。


基本情報
サイド・エフェクト
監督 スティーヴン・ソダーバーグ
出演 ジュード・ロウ(ジョナサン・バンクス博士)
   ルーニー・マーラ(エミリー・テイラー)
   キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ヴィクトリア・シーバート博士)
   チャニング・テイタム(マーティン・テイラー)
2013年 アメリカ映画


街角の風景から始まり
とある高級感のある建物にカメラがぐーっと迫っていって
窓のアップ
そして窓から高級マンションと思われる部屋の中に入っていき
血痕?血痕ひきずったあと??
さらにカメラが奥に進むと
プレゼントと手紙が……
穏やかじゃないオープニングに
これは集中して観ないとね!という緊張感が高まります。

エンディング・クレジットは
出演者登場順のアレのパターンですね。


ルーニー・マーラ……
ソーシャルネットワークで知的で清楚なガールフレンド役だった人か!
清楚でかわいいルックスだと思っていました!
今回も可憐で繊細な雰囲気が役柄とマッチ。

ソーシャルネットワークの次回作が
ドラゴンタトゥーの女??
(これは観てないんだけど……)
なんちゅうー芸風の広さ。

感想「ルーニー・マーラすげー」
可憐でかわいらしい雰囲気
不安そうな表情
にもかかわらず扇情的
なんで君、いちいち誘惑的なわけ?


そして
バンクス博士→ジュード・ロウは
アンナ・カレーニナでは、見た目が冴えない人を演じておりましたが
(でもね、アップになると顔立ちが整っていることがバレバレであるとゆー)
アンナ・カレーニナの上映終了後
「ジュード・ロウ、どこに出てたの?」
という会話が耳に入ってきて「はうっ?」と耳を疑ったのですが
それくらいハンサム様オーラを封印して役柄に臨んだということでありましょう。

今回はハンサム様だよ。安心していいよ。スーツ姿カコイイお。
興奮するクライアントに対して
フランス語で対応する場面が初登場シーン(だったように記憶しております)
ハイチ出身のクライアントの文化的背景を洞察し、説得する。
ここから
バンクス博士が頭脳明晰であるところ、
洞察力が優れているところが提示されているわけで

ところで君、
スーツ・シャツ・ネクタイの在庫が豊富やな……
同じものを使いまわす場面がなかったように思ってます……


で、シーバート博士→キャサリン・ゼタ=ジョーンズですが
美人+眼鏡の必殺コンボが好きな方は
たまらぬものがあるお。

いちいち意味ありげな表情&もったいつけた言動が
とってもヤキモキします!
パンツスーツ姿カコイイ、トレンチコートが決まってる!足長えなあ。




本作における重要キーワード
過去の行動から未来は予見できる(バンクス博士)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/09/15 05:25】 | 映画感想
(映画めも)パシフリック・リム 2D・字幕 
どうしても2D字幕で観ておきたくて……
すでに遅い時間帯だけのところも多いので
あちこち調べて昼間の時間にやっているところに行ってきた!
やっぱり観ておいてヨカッタ!
吹替で違和感があったセリフの元の意味が理解できた。

マコたんは
みんなと話をするときには英語だが
ペントコストと話をしていると日本語が出ることがある
ふたりのたどたどしい日本語に注目である!
ということが判明したことも収穫。

あとアレだ
3Dには3Dの良さがあるのは理解できますが、
3D鑑賞も十分楽しみましたが、
どーしても遠近感が不自然。目が疲れるなり。
パシフィック・リムは2Dでも十分に迫力があるから、こちらでも全く問題なし☆



あのう……
ネタバレいやーんな方は退避してね。
鑑賞3回目につき、細かいことを色々書いてますので。
ネタバレは避けようという思いはございますが
何となく伝わってしまうかもしれませぬ。


ちょっとスペースをあけて……





参考:以前の記事。

(映画めも)パシフィック・リム 3D・吹き替え版
http://astrologerthalia.blog34.fc2.com/blog-entry-2229.html


(映画めも)パシフィック・リムについてまだまだ語りたいのですが。上映が終わる前に3D吹き替えをもう一度観てきた!
http://astrologerthalia.blog34.fc2.com/blog-entry-2247.html



こんなに興奮した映画は久しぶりだよ。
2回くらい同じ作品を観ることはよくあるけれど
3回鑑賞というのは初めてかも!


なんでこんなにパシフィック・リムがお気に入りなのか考えてみた!

戦う相手がKAIJUなので
「やれー!いてまえー!」と感情移入できるからであろうな。
イェーガーがKAIJUにぱーんち!!
このぱーんち!が、どごーん!と重そうなところがいいんですよ!
効果音職人さん乙です。
KAIJUの外皮が堅いことと
イェーガーの性能があいまって
ぱーんち!どこーん!重そう!ヒットしとる!KAIJUにダメージ!!
という印象になるのだと思われですが。


パシフィック・リムのツボなところは
たとえば
イェーガーがハンガーから出ていく場面で
整備士たちが整備がおわると、すぐに現場を離れて
重い扉を閉めてロックするところとか

イェーガーが出撃する時に
誘導棒を持ったスタッフがいて、進行方向を案内しているところとか
イェーガーと人間が映るので
どれくらい大きいのかが分かるという。

あと
メインの登場人物にどーしようもない人がいない
キャラクターの濃い人物や
途中まで根性の悪さが目立つ人物もいますが
KAIJU退治という目的においては一致しているので
そこが好印象なのだろうな。


ドリフト時に相手の記憶の中の映像が出てくる場面がありますね
マコたんの記憶は
KAIJUが出てくる場面は恐怖だが
それ以外はいい思い出なのに

とある人物は
「ぼっち」で落ち込んでいるところがあったり……



ところで
シャッタードーム食堂グルメ(?)
パスタぽいものやポテトサラダぽいものの他に
青い蛍光色のゼリーぽいものが
マコたんやローリーのトレーに載っているのだが
おいしくなさそう…
ちゅーより、それ食べたらあかんやつや感満載……

世界が滅びに向かっている状態なので
いい食べ物が手に入りづらい状況を示しているのでしょうか。
香港にあるシャッタードームは港町ゆえ食べ物は豊富という設定ですが!

あの作品において青い蛍光色は
KAIJUのぬるぬるしたアレとか
触手っぽいものとか
ふわふわぷりぷりしているけれど
触ると大変なことになりそうなKAIJUの身体部位だったりするからさあ!!


基地閉鎖の場面で
ペントコストとテンドーがいたのは確認しておりましたが
ハーク・ハンセンもここにいたのだな。
今まで気づかなくてごめーん!
彼が経験豊富なパイロットであることは重要ポイントなのにな!


研究者コンビの噛み合わなさがいいっす。
ニュート
博士といわれると嫌がる(博士と呼んでいいのはママだけ)・シャツがノーアイロン・ざっくりしている
怪獣オタクはKAIJUグルーピーってゆーのね。

ガイズラー
名前じゃなくてきちんと呼んでくれ・ニットのチョッキ・きっちりしている


テンドーのおしゃれポイントは
蝶ネクタイとサスペンダーだけでなく
左手にブレスレットのようなものを巻いているのですな
ブレスレットではないのだが
かといって数珠でもないとゆー。
手元がアップになった時に気付いた。


香港には
KAIJUの頭を上部に配した寺院のような建物があり
KAIJU崇拝教(?)の人々が
このような事態は神の怒りだとして祈りのことば的なものを詠唱している場面あり。

徹底したリアリストの
ハンニバル・チャウとの対比のために必要な場面だったのかもしれませんな。

んでもって
ハンニバル・チャウの名前の由来は
好きな歴史上の人物と好きな四川料理の店の名前だったのね
吹替で「四川料理」の箇所は「自然料理」って聞こえてて
ちょ、おま…ナチュラルフード愛好家なのかよ!
どーゆー性格設定だよ!と吹きましたが
ワタスの聞き間違いですた。字幕で確認できたお。


マコたんたら
ワクテカでドアを開けたら
予想外の人物が立っていたので
一瞬「えっ?」みたいな表情になるところがかわいいにゃ。



そして、あのセリフは
あいしてます
だったのか……



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/09/14 05:19】 | 映画感想
(映画めも)マン オブ スティール 3D・吹替
これは、2回くらい観たい!と思ったので
今度は3D・吹替にて鑑賞。


ネタバレがいやーんな方は退避してね!
ウッカリ色々と語っちゃってますから!!


前回の感想(この時は2D・字幕)
(映画めも)マン オブ スティール
http://astrologerthalia.blog34.fc2.com/blog-entry-2249.html



字幕版でマーサ・ケントのとある英語セリフに衝撃を受けたのですが
吹替版では穏当なセリフに訳されていたので安心しますた。
吹替の声優さんも安心できる顔ぶれです。
ジョー=エルは井上和彦氏。
いいですいいです!!

そして
びゅんびゅんスゴイスピードで飛ぶ場面は
酔 い ま し た。
さすが3D。
あと、3Dでイイな~と思ったのは
オープニングからカル=エルが地球に向かって飛んでくるまでの
一連の流れですね。
父ジョー=エルがハラカ(4つの翼をもつ巨大な鳥のような生き物)に乗って空を飛ぶところとか。

2回目なので
じっくり話を追うことができました。

母がカル=エルを自然出産で生む場面から始まり
クリプトン星のコアの変動で地殻が不安定になり、危機に瀕している描写が続きます。
クーデターを企てるゾット将軍一味の暗躍もあり
緊迫感いっぱいです。

その過程で
そもそも自然出産を実行したのは
カル=エルの父である
ジョー=エルが賢明にもクリプトン星の滅亡を察知し、
息子に希望を託すためであったことが明かされる。

クリプトン星は滅亡し
カル=エルは風車ととうもろこし畑のある田舎町に飛来する。

そこで
カンザスでの話が続くのかと思ったら……
えええ?ちょ、ちょっとおお??


ところで、この時代
明るく屈託のないヒーロー像というのは難しいのかのう。

クリストファー・ノーランはバットマンのリブートで成功したけれど
バットマンはもともとダークヒーローだしな。
いいんですよ苦悩しても話が暗くても。

ザック・スナイダーは
ウォッチメンの監督だからな
猜疑心の強い舞台設定がいーんですよ。


で、ぽまいら誰が監督なら納得するわけ?
という話ですよね。
(個人的には、アルフォンソ・キュアロンか、ブレット・ラトナーが監督したものを見てみたい……)

スーパーマンの基本設定からインスパイアされた別なストーリーという体裁なら
今回の作品は文句なくイイのに~。

あのね
マン オブ スティール好きなのよ??
といいつつ、むむむ……

で、作中のクラーク・ケントは33歳という設定です。
33歳になるまで何してはったんでしょうね?
超人的な力で人助けをするたび
そこにいられなくなって放浪していたみたいです。

映画評論家の町山氏かな?
キリストは33歳から活動を始めたということとの関連性に言及しておられたのは。

作中でも
「救世主になる」というジョー=エルの言葉がありますし
前の記事にも書いたように
キリストを思わせるポーズや教会の場面も……
あとアレだ
「派手に現れたな!」の場面は
空中にふよふよ浮いているのですが……
宗教画によくあるキリストのポーズに似ていると言えなくもない。


ところで
アイアンマンのスーツを着て空を飛んでみたい!
イェーガーの操縦システムを体験してみたい!
ということは思うのに
スーパーマンのような空の飛び方をしたいとはあまり思わんなあ……

特に
今回は空気の抵抗が厳しそうな描写があるので、そう感じるのであろうか。
あと、おそろしい早さで飛ぶので
ちょっと方向間違えると地面にどっかんとたたきつけられるのね。
まあ、それでケガをするスーパーマンじゃないんだけど!

ちなみに
カル=エルが育つにふさわしい場所として地球を選んだのは
黄色く若い太陽、滋養を含んだ空気
そこでクリプトン星人の資質を持つカル=エルが育ったので
予想以上に強くなったそうな。

ただし
透視能力と異常に敏感な知覚があるので
学校では不適応を起こして大変!
マーサ・ケントが呼び出されたり
カーチャンがクラークを説得する場面、いいですね。

クラークがウッカリ奇跡を起こして
「あれこそ神の御業」と恐れられたり……
(スモールビルのあたりは敬虔な方が多いのでしょうかね)

そして
クラークが苦労して地球に適応していったのに
何だかすぐに適応してる人がいるー!!!!


オープニングで
カル=エルが自然出産で生まれたというのは大きな意味がありまして
クリプトン星は基本的にクローン人間なのね。
兵士、指導者など
役割ごとにカスタマイズされた人間が生まれてくるのです。
そして、クローン人間ばかりなので社会が閉塞してしまったと……

父ジョー=エルは
子供に選択する、役割に囚われずに生きる
という道を選ばせたかったと言います。

クリプトンの父も、地球の父も
「どんな人間になるかは選択できる」
というところが共通していますね!ここ大事なところですたぶん。

そして
ジョナサン・ケント(ケビン・コスナー)とトウモロコシ畑です
フィールド・オブ・ドリームスを意識したのでしょうか。

今回
カンザス州スモールビルが重要な舞台となるのですが
スモールビルの田舎町で家屋や店が壊れるのはちょっとこたえるのう……


あのう……
それはスーパーマンにとってスゴイ強みなのでは?
というポイントがあるのですが
今回、そこは使われていなかったように思われますので
今後のために温存しておいたのでしょうか??
当然、続編も考えてると思うんだよね。


粒子のような、液体のような、そして固体にもなる
クリプトン星独自の素材、イイなあ……、あれ便利だぞ。
立体映像も作れるしな!
そして護衛用?の人工知能のロボットらしきアイテム
これ欲しい!通信機能搭載で話したい人と繋がることもできるのだ!


ロイス・レイン役の女性
どこかで見た顔だと思っていたらエイミー・アダムスね!!
ザ・マスターで教祖の妻役だった!


画面に目を凝らすと
ウェイン産業やレックスルーサーの関連会社のロゴがあるらしい。

こちらは実在のブランドだけど
シアーズ(スーパーマーケット)ihop(ファミレス)セブンイレブン(コンビニ兼ガソリンスタンド)
NIKON(カメラ)
などのロゴも見られる。



明日も映画について書きます!
パシフィック・リム、3回目の鑑賞について……
3回観て、もう1回くらい観てもいいかと思っている私が通りますよ……
そのお金でサントラかブルーレイを買った方がよさそーですけどね!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/09/13 05:42】 | 映画感想
(映画めも)マン オブ スティール
クリストファー・ノーラン製作
ザック・スナイダー監督
というところで
「これは観なければ」的な感触をひしひしと……
音楽もハンズ・ジマーだしね。
ということで観てきたよ!
もう一度観たいです……


ネタバレがいやーんな方は退避してね!!
とりとめのない感想の書き方なので
ウッカリと重要ポイント書いてしまうかもだ!



基本情報
マン オブ スティール
監督 ザック・スナイダー
製作 クリストファー・ノーラン
出演 ヘンリー・カビル(クラーク・ケント役 カル=エル役)
   エイミー・アダムス(ロイス・レイン役)
   マイケル・シャノン(ゾッド将軍役)
   ケビン・コスナー(ジョナサン・ケント役)
   ラッセル・クロウ(ジョー=エル役)

製作国 アメリカ 2013年

アレです
タイトルからスーパーマンの文字が消えた
スーパーマンは赤いパンツはいてません!
作中でスーパーマンのテーマも流れません!
などなど
スーパーマンに愛着がある方にとっては賛否両論だろうなあ、色々と。

ついでにゆっとくと
胸のSの文字は希望をあらわすクリプトン星の記号なんだって!


ワタシは
2006年のスーパーマン・リターンズも楽しめたし
(オープニングはあの音楽!キャストの名前の表示もアレだ!明るい色のトーンなどなど)
でもって
マン オブ スティールも好きなのですが……

今回のリブートについては「うーん」というポイントありますです。
人命尊重は言うまでもなく
物損もできるかぎり少なくするのがスーパーマンらしいふるまいと思っていたので
えええー。と感じるところあり。


だがしかし
さらば息子よ(クリプトン星の親)
この時点でダダ泣き
息子だとも(地球の親)
再びダダ泣き
結局ダダ泣きしてきたという……


でもって
今回、スーパーマンは当初エイリアン呼ばわりされているんですよ……
なかなか「スーパーマン」と呼んでくれないのね。
人のために戦っていることが周知してきたら
「スーパーマン」って呼ばれてます
ということになるワケなのですが。


ヒゲづらで放浪しているあたりはキリストを模しているのであろうか
クラークが事故に遭遇して、海に沈んでいる時に
イルカが近づいてくるのだが……
イルカは宇宙人好きって本当なのね??
でもって、クラークが教会に行く場面もあるよ。

音楽については
ハンズ・ジマーの重低音効いたテーマがかこよすでした。
アクションシーンとあいまって
座席にも音が響くよ!!


ところで
ワタスが観たことがある
ザック・スナイダー監督作品

ウォッチメン(映画感想)
http://astrologerthalia.blog34.fc2.com/blog-entry-2008.html

ウォッチメンが特にお勧めです……
容赦ない描写が
作品の世界観とマッチ。


300(映画感想)
http://astrologerthalia.blog34.fc2.com/blog-entry-56.html

ところで
マン オブ スティールのゾッド将軍
300で登場しそうな顔をしてましたなあ。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/09/06 05:37】 | 映画感想
(映画めも)パシフィック・リムについてまだまだ語りたいのですが。上映が終わる前に3D吹き替えをもう一度観てきた!
かえるナイトについて
書きたいことがあるのですが(あと2回くらい続くかも)
映画についても語りたいので、ちょっとここで映画について!
かえるナイトシリーズは
数日後、再開します!

パシフィック・リムについては前に書いたんだけど
これは大画面でもう一度と思い
再度3D吹き替えで観てきた。
もっと語らせろくださいなので
改めて書いておくしだい。

パシフィック・リムのテーマ
興奮するよね!

(映画めも)パシフィック・リム 3D・吹き替え版
http://astrologerthalia.blog34.fc2.com/blog-entry-2229.html


基本情報
パシフィック・リム
監督 ギレルモ・デル・トロ
出演 チャーリー・ハナム(ローリー・ベケット役)
   菊池凜子(マコ・モリ役)
   イドリス・エルバ(スタッカー・ペントコスト役)
   芦田愛菜(幼いマコ・モリ役)
2013年 アメリカ制作


ネタバレしたらいやーんな方は
そろそろ退避なさってね。



☆ギレルモ・デル・トロ監督はマジでガチのオタクだった。
ギレルモ・デル・トロ監督は
芦田愛菜ちゃんに「トトロって呼んでもいいよ」と発言したとか
お台場で実物大ガンダムと対面した時、感動のあまり柏手を打ったとか
日本で行きたい場所は中野ブロードウェイだとか
オタクエピソードを見聞きするたび
好感度がぎゅんぎゅん上昇しますた。
デル・トロ監督の次回作も観たいと思ったお。


☆作品のタイトルが出てくるまでが長い!
アレげなものは宇宙からやってくると思っていたが
アレげなものは何の前触れもなく太平洋の次元の裂け目から出現した
人類とKAIJUの戦いの歴史をダイジェストで説明
イェーガーの起動システムの説明(なぜパイロットがふたり必要なのか?)
主人公ローリーの活躍
イェーガーの大破
ここらへんでようやくタイトルがどーん!
(だと記憶している……)


ここで話変わって
ローリーの引退とセカンドチャンスの話へ。


イェーガーのシステム説明とドリフト→頭部を接続するまでのくだりが好き!
胴体に頭部をがしゃーん!と接続すると
衝撃が走るところの描写とかね。


☆各方面で絶賛されていた芦田愛菜ちゃんの演技
KAIJUにおびえる幼いマコたん
間近に迫るKAIJUのアップ
KAIJUの顔がかぱっと割れるところが怖いのおおおお!
幼いマコたんがふええええとおびえる様子は
子供が見たらトラウマになるくらいリアルで迫力があるお。


☆マコたんは、あーゆーことがなければ結構少女趣味でノンビリした子だったのではあるまいか。

自分の部屋からお向かいの部屋の様子をこそっとうかがっていたり……
鍵が開かないっ!と焦っていたら、お向かいの部屋だったり……
何そのドジっ子。

でもって
幼いマコたんの登場場面は
青い服とコート・黒いタイツ・赤い靴という
コントラストがくっきりした服。
画面の色合いが暗いのでくっきりしたカラーにしたのかしらね。

大人マコたんが茶色の少女趣味なカーディガンを着ている場面があったんだけど
もこっとしたフォルムに刺繍が施してあるようなタイプ……
どこで買ってきたんだそれ!
そこが幼いマコたんと大人マコたんの接点だよね。
優秀で勇敢な女性に育ったけれど
実は少女趣味なんじゃまいかと思ったお。
家族の仇をとるという目的に賭けていた様子がうかがえますです。

ところで
マコたんのお部屋に鍋らしいものが見えたのだが?
各人の部屋でお茶を沸かすくらいのことはできるのだろうか。
食事はシャッタードームの共同食堂でとるんだけどね。

おとなマコたんは
ボブヘアの一部だけを青く染めているあたり
アニメキャラか!と思いましたが
なるなる
画面が暗い色調ゆえ
黒一色だと単調に映るので
青い部分がハイライトになって顔の輪郭がキレイに見えるのね。
ヘルメットをかぶると美人度がさらにアップすると思いますた。


☆日本が映る場面はさすがに
車のナンバープレートがちゃいますねん
街中の看板の日本語がおかしい……
ところで、テレビニュースの日本語も微妙にヘンでした
(と、自分は英語が思い切り不自由なのにいろいろ言ってみる実験)
マコたんの記憶の中で
枯山水の手入れをしている場面があるのだが
(日常生活の一コマ的表現なのか??)
枯山水の手入れをするということは
日本人にとってもレア体験だよ……


☆3Dならではの見どころ
ディスプレイモニターの奥行きがあるところが3Dらしくて良かったお。
そしてKAIJUの顔のアップが怖いのよおお!
でーん!と顔を近づけてくるスピードが早いのよお!


☆KAIJUの動きが早過ぎて細部のディテールがよーわからん。
二回目でようやくKAIJUの個体識別できるようになったよ!
酸を浴びせる機能あるとか
頭がとがっているとか
しっぽが長いとか
あまつさえ
○○してるとか
○○能力まであるとか!

オープニングで
サンフランシスコの橋を襲うアックスヘッドの見せ方がイイ!
とがった頭の形と
KAIJUの大きさ
ガクブルな存在であることを示し
物語に引き込まれてきたよ。


☆ファッションチェックも一応書いておきますね。
といいつつ
マコたんについては既に言及したのでそれ以外。

司令官ペントコストのスーツとコートが高そうだ。
背が高くて肩幅あるから
これがカコイイのだ!
その白シャツはご自身でアイロンかけをなさったのであろうか。

ベケット兄弟が着ている白いパイロット用スーツですが
ところどころ塗装が剥げているところに萌えた。
イェーガーとスーツを接続するので、接触するところは塗装が剥げるよね!

あとアレだ
テンドーの蝶ネクタイとサスペンダー
(テンドーはベーグルくわえて、飲み物が入ったカップを4個くらい持ち歩いている場面があるのだが……その飲み物はすべてテンドー用なのか、周りに配る分なのかが気になる)

ゴッドリーブのニットのチョッキ
(きれい好きで几帳面というキャラ設定)
あたりが注目すべきおされアイテムであろうか。


☆ハリウッド映画に巨大ロボットが少ないというのは意外であった。
→デル・トロ監督がそのような発言をしていたように記憶しております。

巨大ロボットって普遍的なアイテムちゃうの?というところに意外性を感じたお。
で!鑑賞二度目で
イェーガーの大きさに改めて驚いてきた。
ビルのようにでかいロボットが街中を歩きまわるですよ!
なかなか敏捷なんですよ!
でもって
細部がアップになると
メカメカしくてワクテカするんですよ!
ついでに
操縦システムのナビゲーションやアナウンスは
女性の声なのね。


あのですね
映画館の広告展開では
アメリカ・中国・ロシア・オーストラリア・日本のイェーガーのビジュアルがあったのに
なかなか日本製のイェーガーが登場しないんですよ!
ということにやきもきしてました
……重要な場面で出てきましたね。

以上。自分用の覚書もかねて
細かい点を拾っておきました。
また何か思い出したら書くかもです。


エンディングクレジットチェック……
スペシャルサンクスに
ジェームズ・キャメロン
アルフォンソ・キュアロン
の名前があるのを確認した。
他にもお名前ありましたけれども。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/09/05 05:59】 | 映画感想
ツイッターで発言小町風に映画紹介というハッシュタグがあったのでおれもチャレンジしてみた!だがしかし、もっとも勢いがあったのは数日前のだったらしいっすね……そこらへんワタスは締切でひーこらしてたわ。乗り遅れた。
どうも
昨日は楽しい散財日和だったので
中野トナカイ様のイベントでアクセサリーを2点入手!タロット&手相!
高円寺みじんこ洞様のかえるナイトで熟女たちと熱い夜を過ごしてきますた!
ということを書き始めると
例によって3日くらいかかるので
レポートはおいおい。

本日のところは
ついった再録ネタで。

とあるブラック企業に勤めています。本当は純朴な性格をしているのに、会社の圧力で悪人を演じることに疲れました。とりあえずどぎついメイクだけでもやめたいのですが……

お向かいに住んでいる方をホームパーティーに招きたいのですが、どうすれば喜んでいただけるでしょうか。女性の方はホームパーティーに何を求めますか?シャンパン?エンターテインメント?セレブ?ちなみに私は新興企業のオーナーなので予算はいくらかかっても結構です。

近所のヤバげな未亡人にストーカーされて困っています。この前はジョギング中に追突されました。ちなみに、わたしは元学校教師、現在リハビリ中。健康になって復職し、妻と復縁することを考えているので、面倒な関わりは避けたいのですが。

超有名企業の取締役です。ボンヤリと平取生活を楽しんでいたら代取がまさかの逝去。なぜか無名のわたしが代取に選ばれてしまいました。心身ともに健康、役職を果たすにあたって何の問題もなく辞退したくても理由がありません。平穏な形で辞退するためのお知恵をお貸し下さい。






こっそり
新宿タワレコで8月28日のリリース日に
とあるジャンルの初回生産限定盤Bを入手!
特設コーナーに行ったら
限定盤が見当たらないじゃない??
ちょ、初動の勢いがあると聞いてたけれど……
焦っていたら、店員さんが補充してくれたー!







ちなみに先の元ネタですが
デトロイト・メタル・シティ
華麗なるギャッビー
世界にひとつのプレイブック
ローマ法王の休日
ですです。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/09/01 05:34】 | 映画感想
(映画めも)スター・トレック イントゥ・ダークネス
どうも……
ちょっと不摂生したら口内炎が。
汁物がしみるわああ……あぢぢ。

それはさておき
映画観てきた!
スター・トレック イントゥ・ダークネス
前作も公開時に観たよ。
カール・アーバン(ボーンズ役)が見たいという動機で!
で!続編にも出てた!要所要所で出てくる!興奮!


あのう
ネタばれしないと思うけれど
ネタバレ香ったらいやんな方はそろそろ退避なさってね。
トロいワタシなのに
公開直後に観に行ったというアレですから。


基本情報
スター・トレック イントゥ・ダークネス
監督 J・J・エイブラムス
出演 クリス・パイン(カーク役)
   ザカリー・クイント(スポック役)
   ゾーイ・サルダナ(ウフーラ役)
   ベネディクト・カンバーバッチ(ジョン・ハリソン役)
2013年 アメリカ映画


緊迫感いっぱいのオープニングで
ストーリーに引き込まれてきたよ!
スリリングな演出が巧みなのにビックリだ!
届くのか?(距離の問題)
間に合うのか?(時間の問題)
ハラハラしっぱなしですよ、もう。

今、どういう危機に直面していて、
しくじるとどんなバッドエンドが待っているのかを
映像
セリフのやりとり
設定(作品の世界観含む)
などで魅せていくところがスゲーですね。

作中で
「ん?」と違和感覚えたところは重要な伏線になりますから
よく覚えておくことを推奨するお。

あと
エンタープライズ号に宇宙人乗組員がいるんですね。
宇宙人さんたちを見つけてにやにやしてましたです。


で、巷間いわゆる「ベネ様」ですが……
長身+細い顔+図長いコートをひらひら→迫力あり。
あの剣呑な表情でこっち見てたら背筋凍るぞヲイ
すげええええ足が早いいいいい!こえええええ!
という強烈な印象が残りましたデス。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/08/30 05:29】 | 映画感想
(映画めも)パシフィック・リム 3D・吹き替え版
公開してすぐに観てきたので
ネタバレいやーんな方はスルーしてね!

詳細はまた後で書きますなので
本日はざっくりと!

オタクで有名なギレルモ・デル・トロ監督作品ゆえ
怪獣愛・メカニック愛にあふれています☆

アレだ、心に小五君がいる人間は観に行って損はなし!
エキサイトするお!
小学生男子がみたら
その日の遊びはイェーガーごっこですよ!
一週間くらいイェーガーですよ!

もちろん、たりたんも心に小五君がいるので
大興奮してきた!

今、リアルで会った方には
イエーガーの操縦システムを真似するたりたんという
誰得なものを見せてあげます。
要するに俺が楽しいだけ!

映画を観た直後なら
BGMつきで実演できたのですが
帰り道で忘れた!
もう再現できないお……

それはさておき
映画は2D・字幕を選びたがるワタシが
今回は3D・吹き替え版。

3Dの特性を活かした画面なので3Dにしておいてヨカッタです。
(時々、人間のスケール感が不自然に感じられるところがあるんだけど、3Dの癖なのかしら??)

吹き替え版は実績ある人気声優さんが結集
安心して鑑賞できます。。
マコ・モリ役の菊池凜子さん、こーゆー声?の人だっけ?
萌えヴォイスだわ~♪と思ったら
林原めぐみさんであった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/08/18 05:42】 | 映画感想
(DVDめも)忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER 
DVDのみで映画上映はないのですが
(上映してほしいなー……)
一応映画カテゴリに入れておきますですお。

歴代の戦隊シリーズでも特に人気の高い「ハリケンジャー」
10年の歳月を経てオリジナルストーリーでDVD登場なり。
作中での時間軸も「あれから10年後」という設定。
キャストとメインスタッフが再結集してオリジナルストーリーをDVD化!これは奇跡ですよ!

語りたいことは山ほどあるのだが
語り出すと長くなるので今日はこれだけ!

気になっている方はぜひぜひご購入を!
こういった企画を求めていることが制作側に伝わると
他の企画が通りやすくなるかもしれません。

戦隊ものは毎年独自の世界観を構築しているので
その年だけで終わらせてしまうのは惜しい!
(最近は新シリーズと共演するパターンもありますが)
「その後」という設定を待っているファンはいっぱいいると思うよ~。

で!
ハリケンジャー 10 YEARS AFTER 
10年後のさらにその後も観てみたいわ!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/08/15 05:28】 | 映画感想
(映画めも)劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョOFミュージック/劇場版 仮面ライダーウィザード IN MAGICLAND 
公開初日に観に行きました。
ネタバレが香ったらいやーんな方はスルーしてくださいね!
例によってテレビシリーズをよく知らないのに
映画は観るという無謀なアレです。


劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョOFミュージック

特撮初のミュージカル仕立て。
ふああ?
ミュージカル???
レミゼの映画版みたいに
ずーっと歌いっぱなしだったらどーしよーかと思いましたが……

歌が重要モチーフではあるけれど
ずーっと歌いっぱなしということはなく……
平常心で見ることができました。



劇場版 仮面ライダーウィザード IN MAGICLAND 

観に行ってよかったわー。
ウィザードの世界観が興味深かったです!

虹色の竜巻が世界を包み込むと
科学よりも魔法が発達した世界に変わってしまった!
というところから話はじまります。

魔法を使える人が特別な世界から
みんなが魔法を使える世界になってしまったワケで……

一例をあげると
交通手段はホウキ(ホウキ用のパーキングがある)
お金の代わりに魔力流通システム(スイカやクレジットカード精算機のようなものに手をかざすと、自分の持っている魔力で精算されるシステム)
誰でも変身できる(ファントムが現れた時、民間人も変身してライダーになる)

この世界では魔法が普通ですよ
ということを説明すると
特撮やセットでお金がかかりそうなものですが……
様々な制限のある中で
普通に魔法が使える世の中を再現した手法にびびびと来た!
大げさな表現がないところが
逆に「魔法が日常に溶け込んでいる感」を演出している!

だがしかし
魔法が普通の世界にはトンでもない問題点が!!

魔法の世界に疑問を持っている人間は
変わり者呼ばわりされながら自給自足の生活をしているし?
魔法の世界がおかしいと気付いている子供もいるし?
さて!どうなるんでしょうか!



お節介系マスコットキャラの位置づけの人が
オレンジや黄色などの人懐こい系カラーのパーカを着ていたところが。。
オレンジ色は人懐こいキャラクター、黄色は明るいキャラクターですからね!

そして
民間人がライダーに変身する場面では
それぞれのキャラクターの持ち味にあった変身ポーズが用意されていますから
そこもチェックのしどころです!

そもそも
ライダーが空間に魔法陣を投影し
魔法陣を体に通すと変身できるという設定が興奮するんですが……
このロジックは何かに使えそうだね!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/08/11 05:07】 | 映画感想
(映画めも)李小龍 ブルースリー・マイブラザー
はい
ここでちょっと気分転換
ご紹介したい映画について!

ようやく感想を書けますよ!!
新宿武蔵野館での上映回数が減ってきましたので
タイミングを外さないうちにご紹介せねばと思いました。。
気になっている方はぜひぜひご鑑賞ください。

ワタシ
7月20日、変身メイクの前に鑑賞したのですが
この日はブルース・リーの命日だったそうですね。。。

この映画を
三行くらいでまとめると
ブルース・リーの兄弟の証言を元に
ブルース・リーの出生から青春時代までを描いた作品
結論→ブルース兄ちゃんイケメンすぐる。

追記:弟・ロバートがかわいい!
そ こ な の か !

基本情報
李小龍 ブルース・リー マイブラザー
制作総指揮 ロバート・リー(ブルース・リーの実弟)
監督 レイモンド・イップ マンフレッド・ウォン
出演 アーリフ・リー(ブルース・リー役)
   レオン・カーフェイ(ブルース・リーの父 李海泉役)

ブルース・リーの実弟ロバート・リーが制作総指揮ということで
実話を基にしております。
だから、ブルース・リーの知られざる青春時代の話が見たい方にとっては
色々とたまらんものがあると思いまふまふ☆

あのっ。。
例によって
一切のネタバレがいやーん、香りがするだけでいやーん
という方は退避なさってね!!!
ちょっと空白を作って、話の続きを書きますよ。








ワタシはブルース・リーについて詳しくない人間なんですが
(ごめんなさい)

そんな人間にも楽しめる
エンターテインメント性たっぷり。
ロマンス・友情・アクション・家族愛などを盛り込んだ欲張りな内容
すべてブルース・リーの性格やアクションを構成する大切なエピソードになっているので
ストーリーの流れもよく
物語世界に引き込まれてきました。

ぽっちゃり男子・眼鏡・お調子者とスペック三拍子そろった
コメディリリーフキャラクターがいい味出してました。

ブルース・リーの両親がロマンチックで。。
これも見どころのひとつよ☆

あと
祖先をうやまう気持ちですね。。。

本作は
7月に公開されたのですが
蟹座に木星が入り
水のグランドトラインに向かっているタイミングでしたので
そういった
家族のつながり、祖先のつながり、地縁などをがテーマであることを
実感しやすかったですね!

ブルース兄ちゃんは
ケンカが強く、頭の回転も早く、家族思い
優しい気遣いができる人
男気あってカッコイイ人なのに

……意外なことができないとか
気づかいし過ぎてビミョーな雰囲気になってしまたりとか
そういった人間的な側面も描かれていたので
この映画からブルース・リーがとっても気になる存在に!
これだけ魅力的なキャラクターだからね
世界中がサインをほしがる存在になるわけですよ!!

そして
ストーリーの展開にあわせて
ブルース・リーの武闘スキルが上達していくので
後になるにつれ
いわゆるブルース・リー的なアクション要素が多くなっていくあたり。。。
(言い換えると、ワタシみたいに詳しくない人でも「ブルース・リー」っぽいと認識できるくらい、特徴があるということなのよね!!)

あと
ブルース・リーの幼なじみガールがかわいくて萌えっ☆
幼少期のエピソードにきゅーん☆

めもめも
ブルース・リーは早朝生まれ。



こっそり。。
こちらの映画。。お友達からのプレゼントだったの!
ありがとうございました!
心よりの感謝なり。
しっかりと映画を楽しんできましたよーん☆


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/08/03 05:57】 | 映画感想
(映画めも)華麗なるギャッビー(についてまだ語りたいことがあるんだが。)
どうも
昨日に引き続き、映画:華麗なるギャッビーについて。

毎夜豪華なパーティーを繰り広げる謎の男ギャッビー
彼はいったい何者なのか?
何を目的としてパーティーを開くのか
資金の出どころはいずこ?
隣に住む青年ニックが見たギャッビーの本当の姿とは?

ここらへんまでは予告編でやっていた内容ですが
以下、ほんのりネタバレが香っちゃうかもと思われますので
まだご覧になっていない方はスルーしてね!



というわけでちょっとスペースあけます。。





ここらへんから再開。


ストーリーの重要部分は
夏の間の数ヶ月の間の出来事
で!
ニックはギャッビーから大きな影響を受けるのだが
会った回数がものすごく多いというわけではないのね。
というところが意外でした。。。


ストーリーの語り手、ニックは
意気軒昂な若者
大学では文学を学んでいたのだが
証券マンに方向転換
一旗あげたろか的野心を抱いてニューヨークへ
活況に沸くニューヨークには
そういう野心的な若者が多かったのね。

たまたま住んだ場所の隣りには
お城のような豪邸が。。
そこで毎夜繰り広げられるゴージャスなパーティー
ある日
ニックはパーティーに正式にお招きを受けます
とはいえ
ギャッピー邸のパーティーに招待状持っている人なんていないのね。。。
みんな勝手に入ってドンチャン騒ぎやっとるわけですよ。。
ニックはギャッビーを探すわけですが。。
誰も本当の姿を知らないらしい??

ここらへんまでギャッビーは顔を見せないので
気を持たせるじゃないのよ。。ドキドキ。。

でもって
アレっす。ギャッビー様登場場面は
コテコテで盛り盛りですからお楽しみにね!

宴たけなわ
花火どっかーん!ばばばばば!
シャンパン片手に
ギャッピー様の笑顔満開
大画面にドアップになるところで
音楽もちょうど盛り上がるあたりを持ってきてじゃじゃーん!



ディカプリオ様のハンサム顔
ごちそうさまでした。



ところで
ギャッビーたん、一生懸命すぎるお。。
彼女の愛を取り戻すために必死すぎるお。。
ちょ。おま。。何慌てふためいてるんだよッ!
中2かっ!!
ちょー余裕のおセレブ様でなかったのけ?
というヤキモキ場面も挟み。。

少女マンガでよくある
背景に花をしょった美男美女とは
こーゆー状態なのかーああああっ!
というコテコテな演出に大喜び!!

ギャッビーの豊かさを象徴するために
クロゼット自慢をする場面があるのだが
もお!おめぇんちはデパートか!
とにかくとりあえず
やり過ぎ感が素敵でした。


比較的重要だと思ったギャッビーの性格描写
すごく几帳面+ロマンチック
どれくらい几帳面かは。。
具体的な描写がありますけん。。


あのう。。
タレ目でおぼこい雰囲気がめちゃキュートな
ヒロイン・デイジーたんですが
話が進行するにつれて
共感できなくなっていくあたりがなー。

そもそも君たち。。
まず、君たち同士でしっかりと話をしたまえよ!
ギャッビーたんは思い込みが激しいし
デイジーたんはヘタレとゆーか。。。なんとゆーか。。。

という状況ですので
もやもやします。。
うん。。
まあ。。。若いからなあ。。ふたりとも。。



おなじみのエンディングクレジットチェック!
キャストの人数が多く
3Dのためビジュアルエフェクトスタッフが多く
美術や衣装にも凝っているため。。
エンディングクレジットがいつまでも終わりません!

メインのキャスト&スタッフは
どどーんときらびやかにご紹介


本編(?)のエンディングクレジットに入ったら
出演者登場順のアレでした。

パッと見た感じで得た情報。。。
ディカプリオたんには専用のメイクさんがついていたらしい。
プラダとMIUMIUのブランド名が出たのは確認した。
男性用はブルックスブラザーズが協力したのだが見落としたかも。。
コラボレーションとしてプラザホテルの名前がクレジットされてましたな。
(他にもコラボレーションあったけど忘れた!)

もちろん衣装もえらいこっちゃでした。
デイジーのキラキラかわいい衣装いいのお。。。



ついでについでに追記。
華麗なるギャッビーのビジュアルイメージで
センターにギャッビー
(左からジョーダン・ニック・ギャッビー・トム・マートルの順に並び)
デイジーの横顔を配したものがあったかと

これを
ライフシンボル的9分割よみをすると
デイジーは月(生活・住居)位置から金星(快楽)方向に
目線を向けているのですね。
贅沢や楽しいことを志向するキャラクターであることが
ここからも読み取れますな。





おのれの財力に物を言わせて
ぶいぶい言わせている若い者といえば
アビエイター(ディカプリオ様主演)がございますのう。。
圧倒的財力
几帳面な性格
希望を信じる力
ここらへんは、ギャッビーとアビエイターの共通点ですね。。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/07/12 05:27】 | 映画感想
(映画めも)華麗なるギャッビー
色々と観たい映画があったのに
むなしく6月が過ぎていったので
これから本気出す。
夏向きの大作映画がめじろ押しじゃけえ。

で!
かなり前から
映画館に行くたびに
がんがん予告編がかかっていた
華麗なるギャッビーを観てきたお。

華麗なるギャッビー
2013年 アメリカ・オーストラリア
監督 バズ・ラーマン
出演
レオナルド・ディカプリオ(ジェイ・ギャッビー役)
トビー・マグワイア(ニック・キャラウェイ役)
キャリー・マリガン(デイジー・ブキャナン役)

2Dと3Dがありましたが
2Dにて鑑賞。
だがしかし3Dを意識したらしき構図や
つるっとした質感のため
2Dで観てもアトラクション的な雰囲気が。。

鑑賞のきっかけ
ディカプリオたんは結構好き。
あと
ゴージャス映画狙い。。

自分の生活に関しては
地味とか滋味が好きなたりたんですが

映画に関してはゴージャス上等!
様々なメディアがある中で
「映画を観る」という選択をするのですから
映画でしかできない映像体験がしたいわけですよ!
贅沢は素敵だ
ゴージャスは美徳だ
経費かかりまくった映画でも、そうでない映画でも均一料金
映画ってどーゆー仕組みなんでしょうね?
(あっ。ちなみに低予算系の映画も好きです。。)

バズ・ラーマン監督ですて。。
そりゃあもう容赦なくゴージャスにしてくださるんでしょ?ええおい。。
期待のはるか上をいくゴージャスさで満足よ!
ベタでやりすぎで斜め上に行っちゃっている演出といい
ばっちり堪能してきますた。

で。。。
予告編で
ニック(ストーリーの語り手)がギャッビー(メインキャラクター)
を観る表情を見ていれば
何となくストーリーの展開は予想がつくと思われですが。。。

つまり。。
憧れ表情 7割
カルチャーショック的表情 2割
この人大丈夫かな的不安げな表情 1割
だいたいそんな感じです。

予告編でもかなり時間を割いて紹介されていた
ゴージャスなパーティーシーン
水道水のように供されるシャンパン
花火
宴を彩るエンターテイナー
ハデハデに着飾った男女の皆様。。。
キラキラな紙吹雪バサア~
ここらへんは圧倒的物量作戦で魅せます!

あんれまあ!
こんなに散らかしてからに!お片付けも大変だべ
宴の後はむなしいからのー。。
そう思っていたら
お片付けが大変ですよ的なシーンもちょこっとありました。。
プールに網を入れて、シャンパングラスを回収していたり。。
お屋敷の皆様が黙々と片付けるワケですよ。

まあ
2Dか3Dかなら
とりあえず2Dを観てしまうワタスですが
これ、今度は3Dで観たいなあ。。。。

すんばせん。
話が長くなりそうなので
いったんここで切ります。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/07/11 05:06】 | 映画感想
嗚呼!6月は映画を観ないまま終わってるじゃない!(あ、グランドマスター観たか。。)ところで、2013年上半期印象的な映画を3本、改めてご紹介。
スケジュール管理がボンヤリしていて
わたわたしているうちに
6月、気になる映画をことごとく見逃しておりました
がびーん。
しょぼーん。

で、既に7月ですから
2013年上半期、印象に残った映画3本
選者たりたんによるセレクトをば。


☆クラウド・アトラス

(映画めも)クラウド アトラス

6つの時間軸を異にするストーリーが入り混じる構造
三人の監督による分業制
ひとりのキャストが複数のキャラクターを演じ分けるというシステム

うまく行ったら面白そうだけど
途中で混乱するんじゃまいか的な構造を……

ストーリーが進行すればするほど盛り上がって
すべての話が関連づけられ集約されていくという
ドラマチックな物語に仕上げた手法にボーゼンですよ。

もちろん
ディテールも凝っているし美術や衣装もオリジナリティに溢れているから
画面から情報拾うのが楽しい!興奮する!!



☆ハッシュパピー バスダブ島の少女

(映画めも)ハッシュパピー バスダブ島の少女

映画の世界観に入っていくまで時間がかかったけれど
というのも……
……ワタシが小賢しく色々考えちゃうからさ!
素直に目の前に広がる世界観に浸れば良かったのだ!!

この世界観に浸ったあとは
逞しい少女と地域の人達とのやりとりを
十分に楽しめましたことよ。


☆HK 変態仮面


(映画めも)HK 変態仮面



ちょっと気になっていたコレ。
予告編がカコイイ。。コレは本気かもよ?
観に行ったら……ガチで本気だったー!!!
おまいら最高。

鍛えられた肉体の美しさよ。。。
いやもうこれは説得力あるよ。

変態仮面になる前の狂介は
強そうに見えて実はヘナチョコという設定とか
愛子ちゃんは可愛くて乙女チックだけど
何か踏み外しているだろうという風情とか
たまらんものがありました。


以上、3作品の共通点を
ものすごく乱暴にまとめると
世界観の構築が大切ですねん!
で、世界観の構築が大切というのは
映画だけでなく他のジャンルにも応用可能だと思うよ!


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/07/02 05:42】 | 映画感想
(映画めも)グランド・マスター
ども。。
予告編で惹かれたものは
できるだけ観に行くたりたんです。。

というわけで
グランド・マスターを観てきた!
ワタシにしては封切後さくさくと観に行ったアレですので
ネタバレ一切やめてよしてな方は
そろそろ退散なさってね。

予告編の「雰囲気」にびびびっと来た方は
入り込めると思いまふまふ!にこにこ!

あのう。。
ワタシ。。。
天下一武闘会みたいなものを少しイメージしていったのですが
(おまいは小五か!)
予告編の中でも最強の流派を決めるとかゆってるじゃない??
さすがにそーゆー展開ではなかったか!!ぬん。

グランド・マスター
2013年 香港・中国・フランス合作
監督ウォン・カーウェイ
出演
トニー・レオン(イップ・マン役)
チャン・ツィイー(ゴン・ルオメイ役)
チャン・チェン(カミソリ役)

ワタシは人の顔が
あまり覚えられないので
顔の特徴を覚えることを心掛けたお。。

服装が似ている!
そのうえ男性の場合髪形のバリエーションも少ないので
わかんなくなるお。
ほくろとか!耳の位置とか!鼻の形とか!
↑ここらへんが注目すべきポイントだろうか。。

衣装と美術すばらしかったわあ。。。
細かい細工や素材のゴージャスさにうっとりよ。

カンフー場面の表現の特徴に興奮したお。
建具や造作にぶつかると
ねじが飛ぶ!
ガラス割って人が飛ぶ!!
なぜ雨の中・雪の中の戦いシーンなのか!
カミソリの構えポーズがかっこよすぎる。。。

話の中心はイップ・マン
そして重要な役割を果たすゴン・ルオメイ
なのに。。ワタシ個人は
カミソリのエピソードと
カミソリに弟子入りするぽちゃっとした兄ちゃんのインパクトが大きすぎて。
そこが強く記憶に残っているという。。

で!
本作では
集合写真が重要なモチーフになっていますね
流派によって立ちポーズとメンバーのたたずまいが異なるところも
注意を向けておくべきポイントなのであろうかと思われデス。


ところで
冷房きびしい季節となりました。。
ワタシはとても冷房に弱い人間。。
膝にくるわあ。。ふくらはぎだるだるですわあ。。

映画に行く時には、登山用のタイツをはいてゆきます。。
湿気は逃がし、しっかり保温なので
冷えから来るダルさが軽減されますわん!
登山グッズは軽くて薄くて高性能。
日常使いにいいものいっぱいだわ!!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/06/03 05:32】 | 映画感想
(映画めも)世界にひとつのプレイブック
前に観た映画ですが
今頃感想を書くお!!

世界にひとつのプレイブック
2012年 制作国アメリカ
監督 デヴィッド・O・ラッセル
出演 ブラッドリー・クーパー(パット)
   ジェニファー・ローレンス(ティファニー)
   ロバート・デ・ニーロ(パット・シニア)

アカデミー賞 主演女優賞受賞 ジェニファー・ローレンス

すんばせん。
ワタスはあらすじをまとめることが苦手なので
そこらへんはネットで検索でおぎなってちょーよ。

んでもって
ネタバレが香ったらいやんな方はそろそろ退出なさってね!

でもって
色々言及したいことがあるので、話があちこちに飛んでしまってごめんね!


ほほう!
エクセルシオール(EXCELSIOR)とは「より高く」という意味だったのね
ということを初めて知りましたズラ。
はい、この「EXCELSIOR」は作中、何回か出てくる重要表現です。
主人公パットの意気込みが伝わってきますね。
彼は妻との復縁を狙っているのです!
痩せて・しゅっとして
復職に成功すればやり直すことができると考えているのですね。。

ちなみに後半チェックすべき重要表現は
「兆しを読み取れ」ですね。正確に再現できないので英文は書かねえズラ。
様々な小物やセリフの端々、何気ないアクションに
兆しが見え隠れしていますよ!

感想:イイハナシだなー。。。。
だがしかし、単なる「いい話」ではなく。。。
緊張感たっぷり。。苦い要素もたっぷり。。
鑑賞している間は
ずーっと気を張り詰めておりました。
最後の最後までヤキモキドキドキしながら話を引っ張りますよお!
で。。
「ええー?そーだったの(ちょいビックリ。これはいいサプライズ!)」という展開もアリ
思い返してみると
なるほどなあとふかーく納得。。
てなわけで、個人的には好きなお話です。
キャラクター造形の勝利
そして緻密な脚本の妙にうなりますた!

できすぎた偶然とか
ちょっと不思議に見えた場面などが
後で色々種明かしがされますので
納得できるのです。

作中
兄弟関係・姉妹関係というものは
噛み合わないものですのーという場面があります
嫌っているわけではないんだけどね??
パット兄弟・ティファニー姉妹のやりとりは重要。。
そしてダニーについても
兄弟について言及している場面があったな。。
きっと深い意味があるに違いないよと書いておきますなり。

キャラクター造形。。
パットは真面目で誠実な人柄なのだが
真面目でまっすぐすぎて何事もやりすぎる傾向があり
感情のふり幅が激しいので
とてもハイテンションで明るい表情をしていると
………不安になります。。

ティファニーはずばずば物を言うし
とてもロジカル(過剰にロジカル??)
説得と取引のスキルが卓越しています。。
三分間で「蠅の王」を説明してみた!場面が好き。。
うん。。ティファニー。。確かにそういう話だよ。。蠅の王。。

パットの父は
家族思いで郷土愛(フィラデルフィア)に満ちた人物なのですが
何だか色々踏み外しているから!
生き方がギャンブラーだから!!
そして、ひいきのスポーツチームをテレビで応援するしかないということは
………そういう事情があったのですか。。
スタジアムでトラブル起こして出禁だったのか。。
(パットが切れやすいのは父譲りであったのか。。。)

そして、この映画。。
メインキャラクターふたりのルックスがとても好印象なのです!

映画紹介サイトなどで
メインふたりがダンススタジオで並んで映っている場面があったかと思われます
この
ビジュアルイメージが大好きで!
象徴的でいい場面だよね~♪ふたりの表情もにこやかだし!!

パットの
輪郭の美しさ&ヒゲ!ヒゲ!
イイ感じのヒゲ!に大興奮。。。

ブラッドリー・クーパーの画像を検索したら。。
いけめんな写真がいっぱい出てきたんだけど。。。
個人的には短髪&ヒゲの方でワイルドな方がいいお。。。
短髪の方が輪郭の美しさが引き立つお。。。
ところで
パットは鼻の付け根に傷があるのですが
これは
入院や別居に至った傷害事件の際に負った傷という解釈でいいんですよね。。。

ティファニー
健康的でハリのあるスタイルがカッコイイ。。
躍っているところがとてもチャーミング!
頬肉がかわゆすなあ。。
え?22歳??
あのぷりぷりでハリのある印象は若いからなのねー!
年齢がよくわからねーよ!
年上にも見えるし、幼いようにも見えるし。。
この年齢がよくわからないところもイイんでしょうね~。


作中、印象的だったのは、ハロウィンの夜にダイナーで食事をする場面
パットはシリアル
ティファニーは紅茶をオーダーします。
はああ?
何?どゆこと?おめたちダイエットでもしてんのかよ??

パットは妻に未練があるので
ほかの女性といい雰囲気になったらマズいという思惑があったらしい。。
そして
ティファニーは
パットのオーダーに合わせて
紅茶を注文したという

シリアルならデートじゃないという理由!
君の理由づけがよくわかんないよ!!
そしてそれに合わせて軽いものをオーダーするティファニーの気遣いは美しいが
なぜちぐはぐなやりとりになるのでしょう。。めっさり。



本作、細かいチェックのしがいがある作品なり
こーゆー作品大好きですよお!

チエックすべき小物などなど

試合観戦のたびに出てくる。。
カーチャンお手製蟹のフライ!

トーチャンの謎のゲン担ぎの数々。。
息子とおそろい(?)のペンダント
リモコンの置き場所
緑のハンカチ
息子と一緒に鑑賞した試合が勝った!というジンクスを信じて
毎回パットに一緒に鑑賞しないかと勧めるあたりが。。


そして、重要な脇役にも注目よ!

パットの友人ダニー(クリス・タッカー)
調子イイ。。。
口がうまい。。。
だがしかし憎めない。。
軽やかなダンスステップ♪
なんとラブリーなお人柄なのでしょう。

パットのセラピスト先生クリフ医師(アヌパム・カー)
セラピールームの
東洋的な装飾が気になったら
セラピスト先生はインド人という設定だったのね。。

あとアレだ!
ティファニーの姉役=ヴェロニカとして
ジュリア・スタイルズが登場。
彼女にはジェイソン・ボーンシリーズのニッキー役がこびりついているので
「あの子も苦労したけれど、結婚して幸せになって。。」という
しあさってな感情移入をしてしまうあたり。。。。



作中、ダンスの練習場面は大切です。
練習を通じてふたりの気持ちが通じ合っていくので。。
んで!
いい雰囲気になって
おまいら好き合っているんだろ?ああん的ムードもあって
そんなタイミングでふたりの顔が近づくとさ。。

いいからさっさとチューしちゃえよ!!
とか、思いませんか?
おれはそこでずっとヤキモキしてました。。
小学5年生みたいな発想ですみばせん。。。


特記事項として。。。
カメラがぐわんと動いたり
パットが不安な気持からせわしなく動く時
それに合わせて切り替えが激しいので……

三半規管弱すぎるわたしは
眼がぐるぐるしました。。

いやはや
そのカメラワークが重要なんだけどね。。
なんで眼がぐるぐるするだろうと思ったのよ。。。

ちなみに撮影は日本人(マサノブ・タカヤナギ)とのこと!
エンディングクレジットで発見して嬉しくなったよ☆


ファッションチェーック!

ひたすらティファニーのお召しをチェックしまくるあたり。。
ティファニーとパットの
初対面の場面では
ちょいゴスぽい黒い服装

ハロウィンの日のデートも黒い服

そしてダンス大会では
白いウェア、眩しいぞ!!

なのに最後の最後まで
ネイルは黒かった。。ただし爪は短めなのよね。

ダンス練習中のウェアもかわいいなあ。。
健康的なボディライン強調でティファニーへの好感度がぐんぐん上昇します。


エンディングクレジットちぇーっく!

ロバート・デ・ニーロには専属のメイクさんがついたらしい。
(見間違いだったらごめん)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/05/28 05:46】 | 映画感想
(映画めも)モネ・ゲーム
仕事がぎゅーぎゅーになってきても
映画鑑賞と読書は詰め込もうとおもってます!
色々な情報に触れないとな!

モネ・ゲーム
2012年 制作国イギリス アメリカ
監督 マイケル・ホフマン
出演 コリン・ファース(ハリー・ディーン役)
   キャメロン・ディアス(PJ・プズナウスキー役)
   アラン・リックマン(ライオネル・シャバンダー役)

あのっ。。
ワタシにしては珍しく
公開してすぐ観に行っているので
これから鑑賞予定の方
ネタバレいやーんな方はそろそろ退避なさって!!

映画サイトを見たところ
なかなか厳しい意見もありましたが
そして色々ツッコミどころはございましたが
ワダスはハハッと笑ってきましたお!

オープニングクレジットの
アニメーションから楽しげな雰囲気が漂う
オープニングクレジットに凝っている映画は当たりの確率高し!
というのが私の経験則なので
わくわく感が高まるなりよ。。
アニメーションから実写へ
荒野を走る車
車内には
ブラックスーツとツィードの二人組
どー見ても場の雰囲気と合ってないぞ!ワケあり感が漂います。。。。

騙すグループの役割分担
計画担当・ドジっ子・眼鏡っ子・堅物の美術鑑定士⇒(ハリー・ディーン)
テクニカル・助言・武闘担当・日曜画家⇒(ネルソン少佐)
機転・運動神経・ファッション担当・テキサスのカウガール⇒(PJ・プズナウスキー)

いや
だからよ。。
君らロンドンの住人なのに
カウガールがどうして計画に必要なの!!
ということは
冒頭できちんと説明されますから
そしてその説明が
胡散臭いんだけど何となく本当のような気がしてしまうという。。。。

ちなみに
アランリックマン演じるメディア王シャバンダーが
騙される役(ハズだった)なのだが
それはそこ
非情で抜け目のない男だから
なかなか計画通りいかなくてねー。。
というあたりにヤキモキすべし!


ところで
キャメロン・ディアス嬢は
いつまでヤングレディ扱いなのでしょうか。。
まだーむと言われている場面もございましたが。。


計画の首謀者であるハリーは
手書きの帳簿で経費をつけていたり
小銭を貯めて床下に隠すような
几帳面なキャラクターなのに。。。
上はスーツ下はパンツ一丁というお姿で
堂々とサヴォイホテルを闊歩するあたり。。。
そして
何度もボコられてカワイソス。。

それから
天然系PJの直感と機転と洞察は
ママの教えによるものみたいです
セリフの端々に出てくる
ママの金言シリーズをお楽しみに!

んで。
お決まりのファッションチェックいきますね。

カウガールファッションがとにかくキュート!
脚ながっ!!
腕筋肉カコイイ!!

Tシャツでエクササイズに励む姿も
ゴージャスなドレス姿もイイ!
オレンジ色のシャツがおしゃれー!

黒いタイトなスーツだけちょっとなあ
お顔映りがいまひとつだのう。。
悪くないのですが
キラッ☆フワッ☆という持ち味が生かされてなくてああーん。

以前
カラー診断のサイトをチェックしていたら
キャメロン・ディアスはスプリングタイプと診断されてましたな
オレンジ色が似合うわけだわ。
あと、ゴージャスなドレスは色味はシックだけどキラキラ光沢アリ
黒いスーツは光沢がないのでアレ?と感じたのカモ。

んでもって
キャメロン・ディアスは
イン・ハー・シューズという映画で
赤紫(?)色の服を着る場面があったけど
あの赤紫色もお顔映りが良くなかったね。。
スプリング系カラーじゃないのよね。。

ハリー・ディーンは
堅物キャラにふさわしい
きちんとしたスーツ&眼鏡

ネルソン少佐(トム・コートネイ)
トム・コートネイと言えば。。
アレですよ!映画カルテットですよ!!
老人ホームのメンバーの中では
比較的若い印象があったのだすが
今回は「いいおじいちゃん」役
ツイードのジャケットと帽子といういかにもなお召しがキマってました。
だがしかし少佐ですからね!
今は日曜画家ですが
元少佐ですからね!!

ちなみにロケ地はニューメキシコ。。
テキサスじゃないんだ。。。

ところで数年後。。
シレッと「モネ・ゲーム2」とかできちゃいそうな気がするんだけど?
だけど?
どうなの??

音楽はロルフ・ケント
どこかで聞いたことがあるお名前。。と思ったら
サイドウェイの音楽担当の方か!
サイドウェイ良かった!サントラ買ったもの!!
本作も軽快でおしゃれなサウンドがよかったけれど
それほどインパクトを感じられなくてごめんなさーい!
とはいえ
イギリスのビジネス街とテキサスの雰囲気づくりに
音楽が大きな役割を果たしていたことは言う間でもありません。


サヴォイホテルの関係者が
いちいち訳知り顔で何だかなあ。。
大人の事情とか、別に察してくれなくてもイイのに。。
察してくれてそうで。。イヤんバカん。。


エンディングクレジットちぇーっく!
アレです
出演者登場順ですた。
数か国で共同制作の場合によくあるパターン。

本作は
泥棒貴族という作品のリメイクだそうです
だがしかし、大胆に内容を変えてしまったので
オリジナルとはかなり違う内容だとか。。。

あと
うぃきぺでぃあを見たら
本作は紆余曲折の末に完成したらしいね。。

ちなみに原題はGAMBIT
優位に立つための策。チェスの序盤で捨て駒にしても局面を有利に展開しようとする戦略。
。。。だそうです!


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/05/27 05:26】 | 映画感想
(映画めも)アイアンマン3
どうも。。
アイアンマン2とアベンジャーズを観なかったくせに
アイアンマン3を観に行く人です。おはようございます。。
(タイミング的に見逃したんだよお。そして集中力発揮するためには映画館で観るのが一番なんだよお。。おおお。。ぐぐぐ。。。)

ちなみにアイアンマンを観に行った時の感想はこちら

アイアンマン(映画感想)

だがしかし
大切なところをすっぽかしたワタスですが。。
それはそこ
メジャー大作ですから
いきなり入った人にも楽しめる仕掛けが色々!

おおう☆
今回のパワードスーツイイネイイネ欲しいね!
と興奮してきました。
俺の小五魂が萌える☆キラッ!!

あと
話の都合上
マスク内部の映像=トニー・スタークの顔のどアップ
すなわちロバート・ダウニーJrのどアップが映ります。うへへ。
ハンサム顔が画面いっぱいに。。
うへへ。


そろそろ本題に入りますので
ネタバレが香ったらいやんな方は退避なさってね!

2013年公開 アメリカ制作
監督 シェーン・ブラック
出演 ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク役)
   グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ役)
   ドン・チードル(ジェームズ・ローズ役)


あらすじ
アベンジャーズの戦いから1年後の時間軸のストーリー。
トニー・インダストリーズはペッパーがCEOを務め
トニーはパワードスーツの開発に明け暮れていた。
そんなトニーに不調の気配が。。。


衣装
ペッパーの白いスーツがひたすらカコイイ。。
美人が着るとますます美人度アップですなあ
白いスーツ。。

あの。。
パワードスーツは衣装に入れるべきでしょうか、美術部門で言及すべきでしょうか?
それはさておき
いつからパワードスーツって分解できるようになったの?
呼べばやってきて
体に装着してくれるようになったの?
今回この「分解できる」ということが重要なのよ!!
分解できるからこそ。。
あんなことやこんなことが!


美術
大金持ちのプライベートルームのアレげな感じ
トニー自宅の何でもかんでもスケールでっかい感じ
うわあん素敵。。。

機能的でシンプルなトニーの作業場いいなー。
こーゆーガジェットで
本棚とかサクッと出てきてくれたら素敵だわあ。。
すべてをクラウド化して3D化しているようですから
本棚という形で出す必要はない感じですけどね??

また、出先で重要拠点となるガレージの雑然とした感じもイカす!

今回の話の肝
確かに
大金持ちであることや
パワードスーツの性能も重要だけど。。

トニー・スタークの持っている
明晰な頭脳
手先の器用さ
抜群の運動神経
人を魅了する資質
天才的な口のうまさ
それが何よりなのよっ!最重要なのよっ!!

トニーは
メカニックなのですっ!キラッ!!

ところで。。トニーさん。。
そげなお召しでアレとかコレとかホームセンターで買っていたら
完璧にアヤシイ人ですがな。。


メジャー系映画の大作ですから
アクションシーンや見せ場もたっぷり
ちょっといくらなんでもこの状況を何とかするのは難しいと思うのよね。。
という状況でさえ??
え?
えええ?
えええええ!


レベッカ・ホール(マヤ・ハンセン役)
どこかでお見かけした美女。。と思ったら。。
プレステージに出ていた方か!

機械も強制的に休むところがまた。。
72時間連続で働かせたら機嫌を損ねたり
パワードスーツも強制的に機能を停止したり。。

また
こういったSFチックな作品のばあい
人間の想像力と技術力の最先端はいずこ?
ということを推測する手がかりも提供してくれますね。
ああいうテクノロジーやこういうテクノロジー
実現可能なところに近付いているのだろうな。。。


今回
素敵な相棒(?)が登場しますよ!
どんな相棒(?)かはお楽しみにねっ☆


そして
エンディングクレジットは最後まで。。
ぜひ最後まで。。

SFXを多用している作品+メジャー系映画の大作ですから
エンディングクレジットの長さは言うまでもなく。。
そしてそこでネタを拾うことが
たりたんの楽しみなのですが。。。
なるほど。。
今回、スタントでも
そういう特殊なスタントの方が必要だったのね。。ふむふむ!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/05/10 05:34】 | 映画感想
(映画めも)ハッシュパピー バスダブ島の少女
予告編で胸に響くものがあり
涙がこみあげてきましたずびずはー。

そして
観に行って良かったです!!
それにしてもこの予告編作った方
うまいなー。。
独特の世界観を提示し
主人公の少女の存在感や魅力を伝え
興味を持たせる内容に仕上がっています!

そして
本編を鑑賞して
やっぱり涙が。。
いいの、周囲も泣いてたから。。。

ふと思いついたことがあって。。。
映画リンカーンのポスターを思い出してください。。
この印象的なポスターで
リンカーンは左側を向いている。視線は前、やや下向き

ハッシュパピー バスダブ島の少女のポスターですが
少女の強い目線は画面左上を向いている。

少女の向いている視線の方向は独立心・形にしていく方向性
(天王星的な方向性)
この少女の世界を観る目が「悟った人」「常識をかるく超越したもの」なのよね。。。

リンカーンが向いている視線の画面左水平は集中の方向、左下は知識の方向。
(火星的な方向性、水星的な方向性)
困難と闘い、集中力とリーダーシップ、知性の力で
現実を変えていったストーリーとマッチしますわな。

映画のポスターは
作品のテーマをぎゅぎゅっと圧縮して一般に広く伝えていくものですから
絵解きしたら興味深いことが分かりますわな!

参考文献 あなたの夢を実現する魔法の絵 実践パワーアートレッスン 
神谷充彦著 松村潔監修 学研


で、映画ハッシュパピーの話に戻すよ!!
ちなみに本作品は
アカデミー賞作品賞・監督賞・主演女優賞・脚色賞にノミネート。

2012年 アメリカ制作
監督 ベン・ザイトリン(本作で監督デビュー、アニメーション作家出身)
出演 クヮヴェンジャネ・ウォレス(ハッシュパピー役)
   ドゥワイト・ヘンリー(ハッシュパピーの父・ウィンク役)

演技経験のない人物を選んだらしいです。
クヮヴェンジャネ・ウォレスちゃんは
撮影当時6歳。
主演女優賞最年少ノミネートされました。


で!そろそろ本編の感想行くズラなので
ネタバレが香ったらお困りの方は退避なさってくださいね。。。

作品世界に引き込まれながらも
ここどこ?南半球??
服装のイメージからすると赤道近い?
英語を話しているということは英語圏??
どーゆー文化圏??
などなど小賢しいことを考えてしまうのですが
というのも
水没の危機に瀕した地方の記録を残すために
ひとりの少女の視点から描いたドキュメンタリーフィルム
という印象を与えるからなのね。
ドキュメンタリーフィルムなら
どこの場所か?ということは重要でありましょう。。

ただし
監督の意図としては
現存する地名を出してそのイメージに引きずられることを避けたかったらしい。
それゆえ、バスダブという架空地名を設定したようだ。

「水没の危機に瀕している・特有の文化を持っている・とある地方の物語」
そこに神話的なモチーフも盛り込みました
という理解でOKらしいです。。
(南ルイジアナのとある地方がモデルになっているようではあります。。)

バズダブは世界一祭日が多いだと?
お祭り楽しそーじゃのー!
花火どっかーんでテンション上がる!

バスダブの民は水に親しんでいます。。。
大漁のざりがに!
大量の蟹(を食べた後の残骸)!
謎の魚の取り方!
(水の中に手を突っ込みかかったら魚をグーで殴る!)
自作らしき舟
あるいは購入した舟であってもどこかをカスタマイズしたらしき雰囲気。。。

自然の脅威に常にさらされていることも描写されます。
嵐のおそろしさ
自分の住んでいた場所が水没してしまう場面

バスダブの地に生きる人々は逞しい
残されたリソースを活用し
力強く生きていくのです。。。


そして
予告編でもちらっと流れておりましたが
「オーロックス」という
氷河期に絶滅したはずの巨大で強い生物の存在も
主人公ハッシュパピーにとっては脅威。
南極の氷が解けだしたら
オーロックスも復活して
自分を脅かすのではあるまいか?
という恐れも本作品における重要モチーフとなっております。


音楽
予告編の印象的な音楽に心惹かれた方
ご安心下さい
その音楽がしっかりと使われてますから!!
予告編の音楽は
本編の音楽と別なものがつくこともままありますが。。
本作ではその点の心配ナッシングよ!

衣装
ハッシュパピーちゃんの
チリチリのボリュームあるヘアスタイル
白いタンクトップとオレンジ色のショートパンツ、白い長靴
これがカッコイイんだ!
諸事情あって
髪の毛をまとめて
こぎれいなおべべを着ている場面もあるのですが
同一人物とは思えないほど精彩を欠いているあたり。。。
この違いを表現しているあなたはスゴイ!

主人公に
この子を選んだところでもう勝ちでしょう!オーディション重要!!
という雰囲気なのよお!
「勝ち」って何に「勝った」のかと言われると困るのですが。

力強い存在感とか
ただものではない風格とか
カリスマ性を感じさせるたたずまいとか
運動神経がよさそうな様子とか。。

ハッシュパピーの行動の特徴的なところ
とりあえず耳に当ててみる(鳥でも甲殻類でも)
世界はバランスの上に成り立っていることを常に理解している
ワイルドに生きるっ!
ガスレンジのスゴイ使い方(そ、それならヘルメットが必要だね。。)。。。

そして本作
エンディングクレジットが長いのですが。。
低予算映画ぽい雰囲気なんだけどね??
関係者全員名前を入れたのかしら?
確かに登場人物は多い!
あと、オーロックスのデジタルエフェクトに人手が必要だったとか。。。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/05/08 05:47】 | 映画感想
(映画めも)カルテット!人生のオペラハウス
楽しそうな雰囲気の予告編だったので
観てきたお!
皮肉ぽいセリフが多くて
ユーモアたっぷりで
ぶふぉお!と笑ってきたお!
あ、こーゆー表現はウィットに富んだと言えばいいんですね。。

2012年 イギリス制作の映画です
監督 ダスティ・ホフマン(初監督作品)
出演 マギー・スミス(ジーン・ホートン)
   トム・コートネイ(レジー)
   ビリー・コノリー(ウィルフ)
   ポーリーン・コリンズ(シシー)
   マイケル・ガンボン(シィドリック・リビングストン)


あの。。
そろそろ本題に入りますので
一切のネタバレいやんな方は退避なさってね!


ざっくりとしたあらすじ
元音楽家が集う老人ホーム・ビーチャムハウス
ビーチャムハウスでは
定期的に公演会を開き、運営資金としてきたが。。
近年は経営難のためホームの存続が危ぶまれていた。
そこに
元プリマドンナの有名人がやってきた!
こ、これは
かつてカルテットを歌った仲間たちが再結集ということ??
次回公演でこれを目玉にすれば集客ができる!ホームの危機も回避できる!
だがしかし
共演に難色を示す元プリマドンナ。。。。
どうなる公演!どうなるビーチャムハウス!


リタイアした音楽家が暮らす老人ホームが。。
高級ホテルのような内装
家具も調度品もいいもの使ってるじゃあございませんの!
貴族の別荘か!と突っ込みたくなる敷地面積の広さ
経営難と言う割には余裕のある運営ぶり
さまざまツッコミどころはありますが
一種のファンタジーなのかなあと思えば問題ナッシング。

メインの登場人物のキャラクターが立っているので
抵抗なく物語世界に入っていくことができます。

ジーン・ホートン
元・ソプラノ歌手という設定
プライドが高く
近寄りがたい雰囲気を醸しておられるのですが。。
このホームにやってきたのも何やら考えがあってのことらしい。
そして、ホームで生活するうちに少しずつ変化が
人間的な円熟味が増していくあたりに注目よ!

レジー
元・テノール歌手という設定
あまり打ち解けないお人柄であるし
シビアな物言いをするし
頑固な価値観の持ち主であるが。。
若い人たちに音楽の講義をする時には
温かみのある語り口で自分が経験してきたものを伝えようとするのね。。
身だしなみの良い紳士なり。。
おしゃれも欠かせません。ドレッサーの上にはコロンのビン?(重要ポイント)
アプリコットジャムが嫌い
ところで
眼鏡してた方がいいお。。
整ったお顔立ちがマイルドに見えるお。。。

ウィルフ
元・バリトン歌手という設定
一般男性の7倍すけべい(単純計算で)
いちいち一言多い!
ちょ。おま。。今、ズルしただろ!
などなど、様々な問題行動を起こす爺様でありますが
ラヴリーなお人柄が魅力的よ☆

シシー
元・メゾソプラノ歌手という設定
おせっかい
おしゃべり
お調子者
シシーが人に興味を示したり
あれこれのプロジェクトに関わってちょろちょろしているから
話が発展してくのだ!
大きなバッグをいつも持ち歩いているぞ!
そのバッグの柄かわいいなあ。。
はうあ!
CDウォークマンのイヤホンに繋がっているラインを
そんなにぎゅーっと本体に巻き付けたらいかーん!
あ。。
イギリスにも飴ちゃんあげるおばちゃんはいたのか。。
少なくとも2回は「飴ちゃんあげる」をやってたよ。。
この人。。。


シィドリック・リビングストン
公演の監督責任者
仕切り屋で毒舌家なり。。。
セドリックと言われるたびに
シィドリック!と注意喚起をする
強情でプライド高い人ですた。。


当然のことながら
音楽が効果的に使われていました
チェロの練習をしているテイでそれがそのままロマンチックな場面のBGMになっていたり。。
高名なイギリス人演奏家の方がキャストに名を連ねていたらしい
(らしい、というのはワタシ音楽に詳しくないので。。)
それにしても高級そうな楽器だな。。
有名な楽曲が多いので楽しめました!
作中でも
「かつてオペラは着飾った金持ちのものではなく、庶民のものであった」
(不正確な再現ですが、文意としてはこんな感じ)
という解説がさり気なく入るので
くつろぎながら楽しんでね☆という気遣いもアリ☆

音楽に詳しい方なら
ストーリーと音楽の関連性なども楽しめると思います。
そこらへんにも何やら仕掛けがありそうな雰囲気です。。


そして重要なポイントがファッションね!
登場人物のほとんどがシニアという設定なので
腰回り緩やかなデザインが多く
落ち着いた色合いの服が多かった
いい服着てるんだろうなあ感があり

シィドリック(マイケル・ガンボン)の
無駄にゴージャスなお召しにツボりました。
クロゼットにゴージャスな服しかなかったお。。

あと、小さな女の子がちょっとだけ登場するのですが
白い服と赤いケープをお召しなのね
鮮やかできゅーんとした!
落ち着いたトーンの作品世界の中で
白=無垢、赤=生命力を表現していたと思われデス☆

んでもってスタッフロールが長いな!!
作品の性質上、音楽関係のスタッフが多数必要だったのでありましょう。
あと、キャストが多いのでマネジメント方面も必要だったのでしょうか?
ピアノ調律の方のお名前がクレジットされていたように記憶しています
(見間違いだったらごめん)

注:エンディングクレジットにはしっかりと見入ってくださいませ!
キャストの
現役時代の写真と肩書や代表作などが出てくるので
演奏家に詳しい方なら
ああ!あの人!という楽しみがございますですよん☆

ちなみに本作
美熟女や美おじいちゃま好きにおすすめしたあい!
名演奏家や名優ぞろいですから
若いころの麗しいお姿もさることながら
お年を召されたからこその
円熟した美しさにもえもえしてきました。

指揮担当のボビーを演じていた
アンドリュー・サックス氏、知的・ハンサム・白髭
素敵やわあ。。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/05/06 05:22】 | 映画感想
(映画めも)仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z
どうも
ピンと来たのは
とりあえず観ておくたりたんです。。。

というわけで
仮面ライダーとスーパー戦隊と宇宙刑事
という
日本中のスーツアクターさん大集合映画を観てきたお!
アクションシーンよかったわ。
変身前の人間の姿でのアクションシーンもよいわあ!

今回は
魔法が暴走して宇宙のバランスが崩れつつある
⇒仮面ライダーウィザードの使う魔法に問題があるとして
宇宙刑事ギャバンが地球に送りこまれてきて
ウイザードと戦うというオープニング。
君ら宇宙の平和を守るもの同士じゃないのかね??
それはそこ
本当に魔法を暴走させていたのは
悪の秘密結社ショッカーなのであった。。。

地球の危機を救うために
ライダー・戦隊・メタルヒーローの
スーパーヒーローが力を合わせて戦うという。
ヒーロー物ファンに対するサービス精神いっぱいの作品なりん。

今回の目玉は
ギャバン・シャリバン・シャイダーの宇宙刑事大集合キター!!!

あの。。
ギャバンからはじまりビーファイターカブトまでの
一連のキラキラメタリックなヒーローは
メタルヒーローと言うそうですね。。

んで!
仮面ライダーウィザード変身後のマントがカコイイ。。
テレビシリーズチェックしていない状態の鑑賞でアレですが
あのマントはいいわあ!動くともっとカコイイわ!

ところで
ショッカー戦闘員の中にぽっちゃりさんがいるのは仕込みでしょうか。。

んでもって
かような作品を観るたびに
現場で技術が伝承されていくことは大事だよねぇ。。と思うわけですよ!

良質なコンテンツを作っておけば
切り口を変えてまた見せることができるのよ!!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/05/03 05:22】 | 映画感想
(映画めも)リンカーン
映画館でやっている予告編で
リンカーン スピルバーグ 検索ということをさかんに売り込んでいましたわ。。
映画 リンカーン で検索すると
バンパイアハンターの映画の方が上位に来るからニャー。

スピルバーグ監督は日本向けに特報予告編を作ってたらしいお。
ワタスは「日本のみなさん」と
スピルバーグ監督が語りかける場面を世界各国に差し替えて
ご当地バージョンがいくつも作られたのかと思ってたよ。。

ちなみに
スピルバーグ監督は本編においても
映画が始まる前に
「日本のみなさんに、本作品の時代的背景をご説明したいと思います」
ちゅーことで時代背景まで説明してくれるのですが。。
親切だな。

それはさておき
横顔の写真だけでリンカーンと分かる
ポスターの力強さよ。


監督 スティーブン・スピルバーグ
出演 ダニエル・デイ=ルイス(エイブラハム・リンカーン)
   トミー・リー・ジョーンズ(タデウス・スティーブンス)
   サリー・フィールド(メアリー・トッド・リンカーン)

話題作への出演が続く
ジョセフ・ゴードン=レヴィットも
リンカーンの息子役(ロバート)で登場よ!

渋いオジサマがおられると思ったら
デヴィッド・ストラザーンかいっ!
ウィリアムス・スワード役ね。
後になって気付いたお。。
アレです
ジェイソンボーンシリーズで冷徹な悪役をやっていたあの人です。
美しいオジサマやわあ。。。。

さてさて
一切のネタバレがいやーんな方は
そろそろ退避なさってね!本題に入るお。。。



うわああん、失敗したあ!!
ウェブサイトの人物相関図だけでもチェックしてから鑑賞するべきであったよ。
髪の毛もっさもさなおじさんばかりが出てくる。。
しかもみんな正装で似たような服装をしているので
途中で誰が誰だかわけわかんなくなります!
ワタシの個体認識能力が低いんだけどね??
誰が誰だかわからなくなると
ストーリーの理解も浅くなるので
これから鑑賞される方は人物相関図チェックがお勧めなり。

賛成者を一定数確保するために
反対派や態度をはっきりしない人たちを切り崩していくので
誰にどーゆー働きかけを行っていったかが重要なのでした。。

子どもの頃
父にリンカーンの伝記と若草物語をあてがわれたので
リンカーンえらいひと
という刷り込みをされて育ちましたワタスです。

高校生になって
風と共に去りぬを読んだら
北部が正義で南部が時代おくれという単純な図式でもないことが分かったけどね??

その後
ウィキで調べたら
リンカーンは黒人奴隷は解放したけれど
先住民に対しては過酷な仕打ちをしたという記述を見つけ
複雑な心境になりました。

んで、
本作においても
リンカーンえらい人
正直者エイブラハム
という認識を揺るがす(?)エピソードの数々
(複雑なキャラクター造形という表現もありますね)

部下に無茶ぶりをするリンカーン
⇒かなり無茶ブリなので全俺が泣きます。。

拾いづらいボケをかますリンカーン
⇒そげな頓智めいた小話されてもリアクションに困るわ!

子どもとの関係がうまくいかないリンカーン
⇒タッドは溺愛している様子なのに、なぜロバートにつれない態度をとるよ??

そしてなかなかマキャベリストじゃねーか!
多数派工作のためにアレとかコレとか!


まあ
ワタシのこの映画の主目的は衣装と美術だからなー☆
国民人気ナンバーワン大統領のファーストレディのお召しは見ごたえありました。

ゴージャス感は少ないけれど
シックな雰囲気と手の込んだ細工が見どころよ。

そして
インテリアや小物などもいいわいいわ素敵だわです。


ちなみに
ドラマチックでクラシカルな音楽がイイと思ったら
ジョン・ウィリアムズでした。
うむ、王道だな!!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/04/27 05:54】 | 映画感想
(映画めも)HK 変態仮面
過去に少年ジャンプに連載され話題を呼んだ意欲作
変態仮面まさかの映画化!
本当にまさかの映画化だわなあ。。。
女性のぱんてぃをかぶると正義の味方に変身するとゆー。。
トンでもキャラが大活躍なりん!
ブフォオと笑って腹筋崩壊してきたお。

原作 あんど慶周
監督 福田雄一
出演 鈴木亮平(色丞狂介)清水富美加(姫野愛子)

変態仮面映画化と聞いた時には
まじですかスカ!と思ったのですが
予告編を観て
これは。。本気と書いてマジと読む!と感動。。
さささささーっと見てきたお☆

ネタバレが香ったらいやーんな方は
そろそろ退避なさってね。


オープニングクレジットが凝っている作品は
当たり!な可能性が高い(たりたん調べ。たまたまかもしれんけど!)
本作も凝ったオープニングクレジットで本編への期待が高まる☆
(ちなみに本作、エンディングクレジットも凝っていましたお☆)

コミックのページがパラパラするところは
アメコミの映画化にありがちなアレだがやっぱりカッコイイ。。
たとえパンツかぶっているヒーローであっても。。。
そして空撮とお月様どどーん!
ロゴがザシャアッ!ですよね!!

でっ!本作のように無茶な設定の作品においては
導入部大切です。
ぱんてぃかぶると正義の味方
……という、どー考えてもアレげな設定を
「それはそれでいい」と納得しちゃうんだよね。

色情狂介の特殊能力の源泉となった
狂介の父と母との運命的な出会い
狂介が特殊能力に覚醒するプロセス
変態であること、正義の味方であることと
恋する平凡な高校生である自分との葛藤(変身ヒーローものの定番!)
ここらへんを手際よく描いて好感なり!

そして
本作、時代背景は一応現在と思われるのですが
ほんのりとのるたるじっくなかおり。
ヒロイン愛子ちゃんは古風な雰囲気をしているし
狂介はもっさり風に仕上げてあります。
記者とおぼしき人がスマフォらしきものを使う場面がありましたが
それ以外の場面では
いつの時代であっても納得できそうな内容でした。
普遍的な内容に仕上げたかったのかにゃ?
愛子ちゃんのお部屋が乙女ちっくでブフォオと来たよ!

特筆すべきは
変態仮面のカッコよさ。。。
効果音と音楽、ライティング、そして変態仮面のポージングがキマりまくる!
変身時の古風な言葉づかいと渋い語り口にもウットリよ☆
わたしも「それはわたしのおいなりさんだ!」とかゆってみたい!!

これから薄着のシーズンゆえ
ダイエットしたいニャー、ちょっと体を絞りたいニャーと思っている方!
ぜひ本作でよき刺激を受けてくださいませ!

引き締まった筋肉カッコイイです。。。
精悍に見えるようにブロンズ色加工をしたり
演出もあいまって、ますますカコヨス度がアップしているかと思われるのですが
演出の元になる素材が抜群にイイんでしょうねー!
このためにかなり労力をかけたのであろうな!!

映画ダークナイトライジングを観て
ブルース坊ちゃまの上腕二頭筋素敵ッ!
と思って
ダンベル体操を10日ほど続けたワタシが
(10日で終了かよっ・爆)
今度はヒップラインだなと妄想しております!

ネタ小姑のめもめも
エンディングクレジットまでじーっと観ることが好きなのですが
すべてをチェックしきれず無念なり。。
空撮ヘリのパイロットの方やHP担当の方のお名前が出ていたように記憶しております。
アクションコレオグラファーの人はおられたのだろうか??
見逃してしまった。。
そして、海外での上映も視野に入れているのではあるまいかと思ったら
クレジットに海外PRスタッフの名前があった!健闘を祈るっ!!
んで
海外版でもHENTAIは訳さず「HENTAI」のままなのかしら。。
本作がヒットしたら
海外でイケてる、カッコいいという意味で
「HENTAI」という語がつかわれる日が来るかもしれない。

あと
変身ものが好きな人にはブフォオと笑えるネタもありますのでお楽しみに!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/04/26 05:28】 | 映画感想
(映画めも)フラッシュバックメモリーズ3D
フラッシュバックメモリーズ3D
監督 松江哲明

国内外で活躍する
ディジュリドゥ奏者GOMA氏
2009年交通事故が原因で高次脳機能障害が起こり
記憶の保持に課題が残った。
演奏はおろか日常生活を送ることも困難になったGOMA氏の
復活への過程おったドキュメンタリー。
ただし、記憶の保持に関する課題については
現在進行形の課題だそうです。。

予告編を観て
こ、これは観なければっ!音楽最高じゃまいか!とトキメキを感じたので。
観て良かったです!
わたし、ディジュリドゥについてもGOMA氏についても
知らない状態で観に行ったのですが
それでも大丈夫ついていけますなり。

これから北海道・東北・静岡・埼玉での上映が予定されているそうなので
気になる方は調べてみてね!

基本的に
3Dはあまり好まないのですが。。
ライフオブパイを観て、3Dは使いようだという認識に変わり
フラッシュバックメモリーズ3Dを観て
おおっ!3Dにこんな可能性が!!
と、感銘を受けてかえってきたお。
経験や体感、脳の記憶を共有するための3D体験ね。

ちなみに
本作フラッシュバックメモリーズは
予算の制約が厳しかったので
工夫をこらして安価で仕上げたそうです。

サウンドも3Dで音が立体的なところが良かったニャー
ライブシーン多数。
んで。。
ディジュリドゥという楽器、名前だけ聞いたことがあったのだけど
これはすばらしい倍音が出る楽器ですね!
瞑想用によさそう。

GOMA氏の演奏にはドラムとパーカッションがついているので
じっとしている瞑想ではなく
躍る瞑想という方向性になりそうですが!

そして
本作では絵が効果的に使われていました。ここが重要!!
この絵はGOMA氏の手によるもの
事故後いきなり絵を描くようになったそうです。
プリミティブなエネルギーにあふれた絵
そして絵が音楽やドキュメンタリーの内容を拡張する効果を果たしていますから
ぜひこちらもじっくりとご覧ください。

GOMA氏は
「生まれ変わった」と表現していますが。。
事故後の記憶をたどっていくと
雲に乗って上昇した
人がいる方向に移動しようとしてもなかなか行けない
そうこうしていると明るい光が見えてきたので
そちらに入っていったら奥に吸い込まれた
という表現が出てきて
それは臨死体験では?ですよね。。。

そして
ドキュメンタリーにおいては
GOMA氏の家族が大きな役割を果たしています。
お嬢さんが自転車に乗る場面はきゅーんとするよ。。
(この場面は予告編でもあったから書いちゃってもネタバレじゃないよね)




ここでイキナリ話がしあさっての方向に行きますが
ワタスの親戚も臨死体験したらしい。。
伝聞で聞いたことがある。
川の向こう側に過去に亡くなった親戚がいる
「おーい!○○じゃないか~!」とそちらに行こうとすると
「まだこっちに来ちゃダメだ」と言われて
まごまごしているうちに目が覚めたとのこと
ある意味典型的な臨死体験ですね。
(過去の伝聞なので大ざっぱな内容にて失礼)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/04/22 05:02】 | 映画感想
(映画めも)アンナ・カレーニナ
ども
衣装が豪華そうな映画はとりあえず観たくなるたりたんです。。

でっ。。
今、衣装が気になると言えば
ジョー・ライト監督
キーラ・ナイトレイ主演
アンナ・カレーニナですよ。。
アカデミー賞衣装デザイン賞受賞
(アカデミー賞は主要部門はふにゃー??という結果もよくありますが、テクニカルな方面に関してはおおむね順当な気が。。)
衣装の見応えアリです!

あのカメリアのネックレス
素敵~!!と思ったらシャネルのコレクションなんだー!

てなわけで
美術・衣装・音楽に関しては文句なしに楽しめますた☆

あの。。
ネタバレが香ったらいやーんな方は
そろそろ退避なさってくださいね!



じゃあ、そろそろ本編の感想をば。。。

帝政ロシア時代の社交界のガン飛ばし大会
社交界最強邪眼の持ち主は誰だ?
という話でした。

んなわけあるかい!

ガン飛ばし大会というのはアレですが
この作品では
「視線」や「目が合うこと」
が非常に大きな意味を持っていました!

刃物を研ぐ場面
列車の車輪が重々しく動く場面
などなどの演出が
スリリングな状況やあらがえない運命を象徴していたのでしょうか。。

演劇的手法を取り入れた演出
舞台装置のような場面転換で魅せるので
緊張感が持続します。。

最初にいきなり重要そうな人物がだだだだっ!と登場するので
はうあ!ついていけなかったらどーしよ!と緊張した。
そーいえばロシア文学は登場人物多かった
あらすじだけでもチェックしておくのだったと悔やみますた。

社交界といえばダンス
ダンスシーンにも前衛的な試みが!
斬新でインパクトある演出がドラマチック☆
アンナとヴロンスキーが踊るところが
思い切り意味ありげなのは当然として
ふたりのダンスの影響が周囲にも波及していくところとかね。。

などなど
非常に意欲的な試みいろいろなのですが
監督の狙いは那辺にありや?
つーところが気になるのですよ。
というのも
アンナに共感することが無理ゲーなのですよお。

たとえるならば
ひたすらのろけ話を聞かされるのですが
それが、納得いかねーので
「やめとけ」と言いたくなるよーなモヤっと感。
「これが愛なのね」と言われてもナー。
おめぇ、のぼせているんでねぇけ?と思ってしまいますです。

立派な旦那様がおられるのに
よりにもよってあのにやけた若い衆かと思うと
私としては賛同しかねるよ!

アレですか?
アンナよりもアンナの周りの人を見せたかったの??
などなど勘ぐってしまうわけで。。

ふわっふわしたアンナと
対比的な存在して
田舎で農作業に尽力するリョーヴィンが登場するのですが。
リョーヴィンが農具を持ってたたずむと
羊飼いのようであったり
キリストのようであったり
というところも演出意図があるんでしょーね?(あんまりなかったらごめん)

はい
ここで対比的と書きましたが
アンナもリョーヴィンも「身分の外に出ようというチャレンジ」を
実践しているように見えるわけですよ
それが
どこまで本気なのかわからないアンナと
なかばヤケになっていたという事情があるにせよ、覚悟ができているように感じられるリョーヴィン
その違いがねー。。。

んでもって。。
アンナの夫カレーニンが聖人すぐる。。
カレーニンはジュード・ロウ様ですから
「この人、年上で生真面目で面白みのない夫に見せているけれど。実は美男様なんじゃあるまいか?」的な雰囲気が漂ってしまうわけですよ。。。
寛大な夫だし、順調に出世しているし、ロシアの宝だし。。
どこに問題が??
夫ががんばって仕事してるんだから
仕事に興味をもっておあげなさいな??


某掲示板に
妻の不貞で噂になっていてまじつらお。
しかも息子も妻べったりでまじつらお。
とかいうスレを立てたら
がんがれ!全俺がついてるぞ!状態になりそーな感じですたい。

そうそう
美しいお馬さんが出てくるのでワクテカしました!
毛並みぴっかぴか!

そして
色々なものが皮肉られておりましたなあ。。
社交界のおきてとか
書類偏重の官僚政治ぶりとか。


後で気付いたことがあったら
また書き足すかもしれませんです。
ネタ小姑としては十分にワクテカできる内容でしたということで!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/04/11 05:49】 | 映画感想
(映画めも)劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝探し
どうも。。
気になった映画はジャンル不問
とりあえず観ておくたりたんです。。

で!
予告編だけハアハアできる映画
劇場版ミッフィーどうぶつえんで宝探しを観てきたお☆


お人形を撮影して映画に仕上げたのでしょうか。。。
トコトコしたり首をかしげたり
ねえねえと手をふってみたり
いないいないばあをやってみたり
ちょ、、おま。。
かわいすぎるミッフィー!!ブフォオ!

おうふ。。。観客参加型の映画だった。。
さすが子ども(幼児)向け。。
そして
子どもの反応の声も予め仕込んであるあたりがなー!

宝さがしの歌が何度もかかるので
すっかり覚えちゃったじゃないよ、もう!!

ところで
ミッフィーって
設定が随分と不条理だったんですね。。

動物園に入る場面で
「犬はだめだよ」と園長さんに注意されるのですが
その時点で
不条理感がもー!
うさちゃんが犬を飼うという設定にエエーと思うワタスでした。。
お犬様は肉食でしょう???

そして
スナッフィーはお友達なんです!
世界一おりこうさんなんです!
だからお犬様を連れて入園していいでしょーってどーゆーアレですか!


んでもって
茶ウサギのメラニーはツンデレ
ブタさんのグランティは適宜ボケをかますあたり。
こうなったら
ボケのグランティ
ツッコミのメラニー
リーダーのミッフィーでコントやってほしいわあ!(謎の脳内展開)

あっ。。あのう。。
園長さんって熊さんですよね。。
園内に北極熊さんが飼育されているのですが。。
というところに形容しがたい不条理を感じてもいーですよね??

そして
水辺にガマが生えるのはオランダでも共通なのでしょうか。。
園内の水辺にガマらしき植物が生えていたお。
もちろん、シンプルな形状にデフォルメされたガマでしたが!

見ざる・言わざる・聞かざるは
世界共通なんですか??どこが発祥の地なんでしょう??

「志村!うしろ!うしろ!!」
は、世界共通のヤキモキネタなのでしょうか?(なんか違う。。)

あとアレだ!
三輪車にヘルメット!
ボートにライフジャケット!
という点に、子どもファンが多い作品の良心をみましたです。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/04/08 05:58】 | 映画感想
天体のアート☆Thalia(たりあ)


読書めも・占星術の話題・素敵な友人の話・たりたんの日常。

プロフィール

占星術実践家Thalia(たりあ)

Author:占星術実践家Thalia(たりあ)
表記はThaliaですが、読み方はひらがなで「たりあ」だと嬉しいです。

Thalia=ギリシャ神話の喜劇の女神さまから名前をいただきました。
お笑い占星術がわたしのスタンス。

原稿執筆、講座、ワークショップを中心に活動中。
占星術・タロット・色彩と象徴の物語の可能性を多方面からアプローチ中。お笑いのテイストが入ったトークで、濃い内容を展開しています。
占星術を「自分と宇宙を信頼するための技術(スキル)」と考え、多くの人とその智恵を分かち合うために、情報発信中。日々、お勉強!!です。

特技は「書生の処世術」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。